Apple iPhone

iPhone8に新色登場! ところでPRODUCT REDの意味を知ってますか?

投稿日:

この記事を読む前に!!

当サイトでは、アップル製品の紹介をする際必ず
  • アップル公式ページ
  • Amazon販売ページ

へのリンクを貼り付けています。  

実はAmazonで購入すると5%ほど安くなるなどのメリットがあり、Apple Storeで購入するよりもお得に買える場合があります

今現在Amazonでアップル製品を販売できるのはアップルだけとなっているので、購入の際はぜひチェックしてみてください。
アップル製品はAmazonで買え!5%オフで買えるなどのメリットがあります!

続きを見る

2018年4月9日、アップルのページが突如更新され4月10日からiPhone8/8 Plusの新色を発売することが明らかになりました。

 

以前からiPhone8/8 Plus/XのPRODUCT REDバージョンが出るとは言われていましたが、今回はiPhoneXバージョンは出ませんでした。

iPhone7の時と同様、機能や性能に違いはなくカラーリングが異なるだけです。

 

ところでPRODUCT REDとは?

アップルが長い間、取り組み続けているこの活動。

(RED)という組織と協力しながら、確実に成果を出し続けています。

 

この(RED)という組織は2006年に立ち上げられ、エイズで苦しむ人たちのための薬や医療のための資金を募っています。

一般的な募金とは異なり、(RED)製品を買うことによって寄付される仕組みです。

 

アップルはこの(RED)と協力して、いくつかの(RED)モデルをこれまでにいくつか出していて、それらの製品をPRODUCT REDと言います。

(RED)の象徴的な赤色がデザインされたアップル製品はどれも真紅の美しさが魅力的です。

PRODUCT REDは十分な存在感があり、買う側にとっても大きなメリットがありますが、それだけでなくしっかりエイズ撲滅活動にも協力できています。

 

ただ募金するのではなく、製品を買ったら知らぬ間に募金していることになっている。

この双方のメリットがあるからこそ、アップルや(RED)は確実な成果を出し続けられているのでしょう。

これまでに1億6000万ドルもの資金を提供しています。

Appleは11年間にわたって(RED)と連携し、カウンセリングや検査、
母親から胎児へのHIVの感染を防ぐ医薬品を届けることで、HIV/AIDS
プログラムを支援してきました。Appleの(RED)製品の売上から
生み出された資金は、これまでに1億6,000万ドル以上にのぼります。
みなさんが(RED)製品を購入するたびに、AIDSの感染者がいない
世代の誕生に一歩近づきます。

 

意外と多いPRODUCT RED

iPhone8/8 PlusのPRODUCT REDバージョンの他に、記憶に新しいのはiPhone7/7 PlusのPRODUCT REDバージョンでしょう。

実は意外とPRODUCT REDシリーズがこれまでにもいくつかリリースされているのをご存知ですか。

Apple WatchのバンドやBeatsヘッドフォン、各機種に対応したケースなどもあります。

▲今回のPRODUCT REDバージョンのiPhone8発売に合わせて、ひっそりとiPhoneX用のケースも発売されるようです。

 

もちろん、これらのどの製品を買ってもエイズ撲滅資金として役立てられているんです。

 

エイズについて知っておこう

PRODUCT REDがエイズ撲滅に役立てられているということを知っている人はいますが、そもそもエイズがどんな病気か知っている人は少ないのではないでしょうか。

ついでに知識として知っておきましょう。

 

エイズとは、HIVウイルスが人間の免疫を司る重要な細胞であるTリンパ球やマクロファージ(CD4陽性細胞)に感染し、増殖し、免疫を大きく損なわせたことにより様々な病気になった状態のことです。

様々な病気といっても代表的な23の疾患が決められており、これらが確認された時点でエイズと認定されます。

 

エイズの感染源は傷口や性行為などで、感染者の体液にひそむHIVウイルスが侵入することで感染します。

ただ涙や尿、唾液といった体液には感染するほどのウイルスは含まれていないそうです。

 

エイズに感染すると免疫がかなり下がるため、普通なら発症しない病気にもかかってしまいます。

当然、死亡率もかなり高いものになっています。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

▷エイズとは?

 

まとめ

PRODUCT REDシリーズは魅力的な真紅の色をしているので、ファッションとして購入する人が多いと思います。

しかし、そのちょっとした理由でも数多くの人を救っていることを知っている人がどれだけいるでしょうか。

自分たちが購入することで一体何に役立てられているか、それを知っているだけで少し得した気持ちになりませんか?

 

エイズは日本ではあまり聞かない病気ですが、それでも2014年で500人ほどいるそうです。

世界的にはかなり少ない数値ですが、苦しんでいる人がいることも確かです。

 

 

自分に何ができるか問いかけろという重い責任感がなくても、そういった人たちを救えている。

そういう意味ではPRODUCT REDはとても価値のある取り組みと言えるでしょう。

-Apple, iPhone

Copyright© Apple NOW! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.