Apple Musicの機能や使い方、ちょっと得する裏技!!

公開日:       更新日:      
Apple Musicの機能や使い方、ちょっと得する裏技!!

SpotifyやLINE Musicなどと並ぶ音楽ストリーミングサービスApple Music

主にiPhoneやiPadなどApple製品を愛用している方向けのサービスが展開されています。

今回は利用にあたって知っておきたい基本機能やオススメのポイント、お得に利用するための方法などをご紹介していきたいと思います!!

AppleMusicとは

AppleMusicは月額制音楽配信サービス。

毎月定額料支払うだけで、約4500万曲もの曲が聞き放題です。

なので、新しい曲を発掘しまくりたい人や、僕のように新しいジャンルに手を出す人にはオススメです。

しかし、ストリーミングの文字の通り、ネットに接続されていないと聴くことができません。

 

「トンネルやデパ地下、飛行機内など電波の届かないところでは聞けないじゃん」

 

と思うかもしれませんが最強の機能があります。

それはダウンロード機能。

なんと、お気に入りの曲を見つけてダウンロードすることが可能なんです。

ダウンロードした曲はオフライン環境でも再生できるようになります。素晴らしい。

では基本機能やそのほか魅力的なサービスをもれなくご紹介していきます!!

ストリーミングサービスならではの強み

スマホを買う時、悩むのが容量だと思います。

「32GBで足りない気もするけど64GBまでは使わない」

って方多いんじゃないですかね。

 

あなたのiPhone、容量を音楽が占めていませんか?

僕の場合、写真と音楽が凄まじく入っていたので6sの時は128GBを契約していました。

しかしiPhoneの容量が増えると機種代がどうしても高くなってしまいます(´;ω;`)

 

AppleMusicなどをはじめとするストリーミングサービスはこの容量不足の問題をかなり解決してくれます。

ストリーミング再生はネットに接続しているときに使用することができ、通信料が発生するもののiPhoneには直接保存するわけではないのでストレージ容量が増えることがありません。

また通信量が発生すると言っても、一曲あたり約3MB程度。

1ヶ月7GB制限で音楽だけ聴いたとすれば約1700回に相当します。

 

一曲4分だとして1700回聞くと約113時間毎日約4時間聞くと通信制限になるよ。長い。

通信量を気にしたくない、もしくは電波の繋がらないところでも曲を聴きたいというかたでもストリーミング再生は安心できます。

それはダウンロード機能。

AppleMusicはお気に入りの曲だけダウンロードしておくことが可能です。

もちろんダウンロードするとiPhoneなど保存したデバイスのストレージ容量は消費されてしまいます。

 

Check!!

  • ストリーミング再生はWiFiや4Gのある環境で使用可能。一曲3MB程度の通信量が発生。ストレージ容量を使用しない。
  • ダウンロード再生はネット接続時に曲をデバイスに保存することで使用可能。ネット環境がないときでも聴ける。ストレージ容量を消費する。

Apple製品との親和性の高さが感動レベル

iPodに代表されるようにAppleはミュージックにかなりの力を入れています。

そのためiPhoneをはじめとしてiPadやApple Watch、Mac、AppleTV、CarPlay搭載の車など多くの場面で利用することができます。

もちろんWindowsPCやアンドロイドでも利用可能です。

家の中でも外出先でも、車中でもどこでも曲を楽しむことができます。

学習してオススメの曲を見つけてくれる『For You』機能

AppleMusicを賢くする

AppleMusicは独自のアルゴリズムで、ユーザーの好みを学習し、好みに合うような曲を見つけてきてくれます。

まず最初に好みのジャンルを選択し、次に好きなアーティストを選択します。

   

これに基づいてAppleMusicは学習を始めます。

好きな曲やいいなと思った曲があれば、再生画面右下のをタップし、表示されている項目の❤︎(ラブ)を選択します。

これを繰り返していくと、AppleMusicはより賢くユーザーの好みに合わせた曲を紹介してくれます。

 

ちなみに初期設定で選んだ好きなジャンルやアーティストは、後からでも変更、設定は可能です。

『For You』項目の右上に表示されている自分のアカウントのアイコンをタップして、アカウントを表示をタップ。すると、その中に好きなアーティストを選択の項目があるのでそこから再設定可能です。

それにしてもこの設定をする時のエフェクト、なんか面白いです。

曜日や一押しアーティストに合わせたプレイリスト

好みのアーティストやジャンルを学習したAppleMusicはそれらを元に、曜日ごとに変わる「◯曜日のプレイリスト」や好みのアーティストのリミックスや隠れた名曲などさらにそのアーティストの魅力を知ることができるプレイリストを表示してくれます。

好きなアーティストの最新情報や一押しコンテンツを強化する

好きなアーティストをフォローすると、最新の情報やアーティストが発信した情報を逐一受け取れるようになるだけでなく新曲やビデオクリップにアクセスすることができるようになります。

『For You』項目の右上にある自分のアカウントのアイコンをタップして、アカウントを表示をタップ。その中にある他のアーティストとCuratorを探す項目をタップ。

初期設定ではミュージックライブラリに追加された曲のアーティストを自動的フォローする『アーティストを自動的にフォローする』がオンになっています。嫌な場合はオフにしましょう。

下に表示されているアーティストの右側にあるアイコンをタップすることでフォローしたり、外したりできます。

プラスマークが表示されている時がフォロー中、マイナスマークが表示されている場合はフォローしていません。

 

またこれ以外にも、アーティストを検索したり、聞いている曲からアーティストをたどってフォローすることもできます。

アーティスト名の右側に表示されている・・・をタップ。Connectでフォローをタップすることでフォロー完了です。

お気に入りの曲発見に役立つ『見つける』機能

AppleMusicの中でも特に重宝するのが『見つける』という機能だと思います。

自分の好みに合った曲を探してくれる『For You』とは異なり、様々なプレイリストやシーンに合わせた曲などを探すことができます。

上部には『ニューミュージックビデオ』や『今週のNEW ARTIST』、『ニューアルバム』など新着項目やAppleMusic一押しのコンテンツが表示され、その下には新着ミュージックプレイリストミュージックビデオランキングジャンルテレビ番組/ムービーの6つの項目が表示されています。

 

中でもオススメしたいのがプレイリストの項目。

「トゥデイズヒッツ」や「今週注目のトラック」など、流行の最先端を集めたプレイリストだけでなく、「パーティ」や「リラックス」などその日の気分やシーンに合わせたプレイリストがバッチリ作成されています。

 

さらに「はじめての…」というプレイリストがあり、

このアーティストについて知りたいなら、この曲聴くっきゃないっしょ!

と言えるような代表曲から、ファンが聞いて欲しいと思うような曲を詰め込んだプレイリストがあります。

まだ知らないアーティストの魅力が詰め込まれているので、オススメされたアーティストや気になるアーティストの「はじめての…」プレイリストを要チェック!!!

料金プラン

さて、これほど充実したミュージックライフを提供してくれているAppleMusicですが気になるのはその料金。

『学生プラン』『個人プラン』『ファミリープラン』の3つのプランがあります。

料金 補足
学割プラン 毎月480円 UNiDAYSによる在学証明が必要。
個人プラン 毎月980円 月間プランと年間プランが選べる。
ファミリープラン 毎月1480円 6人まで利用でき、各個人それぞれのアカウントを持てる。

学生プランだとなんと通常の個人プランの約半額で利用することができます。

これはすごい。

ただし、少し在学証明が複雑なので注意しておきましょう。

学生プランに加入するための在学証明方法

まず注意して欲しいのは、公式ページにある表記。

学位を授与する総合大学または単科大学の学生の方は、学割のメンバーシップ料金で Apple Music に 48 か月間 (4 年間) 登録できます。この期間は連続していなくてもかまいません。

大学生、大学院生のみを対象としているような表記ですが、日本では、短大、専門学校、専門課程も対象となります。

残念ながら高校までの生徒さんには適応されません。

 

まぁでもちょっとごまかせればいけるでしょ…

と思いたいところでしょうが、このUNiDAYSによる認証がかなりしっかりしているため無理です!

具体的には学校が設置しているWiFiに接続した状態での登録か、学校が学生に与えているメールアドレスを使用しての登録が必要です。

どちらもあまり高校までの学校では学生用に用意されていることが少なく、メインは大学生となっていますね。

 

登録に関してはiPhoneやiPad、MacだけでなくWindowsPCやAndroid端末からも行えます。

しかしこれほど本格的に審査するとこは初めてでしたよ・・・。

【要チェック!】安くお得にAppleMusicを利用するための裏技!!

学割プランが適応されない方達は毎月980円の『個人プラン』に申し込むことで、AppleMusicを楽しむことができます。

毎月980円で聴き放題と思うとかなり安いように思えるのですが、学生料金を見た後だとやはりちょっと割高に感じてしまいますよね。

 

しかし個人プランでも通常で契約するよりも安くお得に利用する方法があります。

これがあまり知られていないのですが、『年間プラン』で契約することなのです。

実はAppleMusicは年間プランで申し込むと10ヶ月分の料金で1年間利用することができます。

つまり980円×2=1960円も安く利用することができるのです。

プランの切り替え方

プランの切り替えは『For You』の項目から行います。

右上に表示されている自分のアカウントのアイコンをタップして、アカウントを表示をタップ。

表示された画面の一番下に表示されているApple IDを表示をタップします。

パスワードを入力してサインインしたら、登録をタップ

「有効」という項目に表示されているAppleMusicメンバーシップの項目をタップすると切り替える画面が表示されます。

支払い方法

AppleMusicで利用可能な支払い方法は以下の通り。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • キャリア決済 (対応している通信事業者を通じた決済)
  • 携帯電話事業者バンドル
  • iTunes Card と Apple Music ギフトカード
  • Touch IDを利用したApple Pay決済

 

クレジットカードでの利用はApple IDにクレジットカードを登録しておく必要があります。

キャリア決済の登録は以下の順番で行います。

 

設定iTunes StoreとApp StoreApple ID:(あなたのApple ID)Apple IDを表示Apple ID→Safariで再度ログイン→お支払いとお届け先お支払い情報を編集

 

Touch IDを利用したApple Pay決済を利用するには、『For You』項目の右上に表示されている自分のアカウントのアイコンをタップして、アカウントを表示をタップ。その中にあるApple IDに入金をタップし、金額を指定し追加します。

 

ちなみにApple Music ギフトカードには「12ヶ月用」がありますが、こちらは10ヶ月分の料金で購入することができます。

追加する際は『For You』項目の右上に表示されている自分のアカウントのアイコンをタップして、アカウントを表示をタップ。その中にあるiTunesCard/コードを使うをタップし、コードを入力します。

Android端末で利用するには?

AppleMusicはAndroid端末でも利用することが可能です。

ただし Android 4.3 (Jelly Bean) 以降がインストールされていることが必須条件となります。

AppleMusicはGooglePlayStoreから入手することができるので、インストールすれば完了です。

利用にあたってはApple IDを作成する必要があります。

 

実際に使ってみてわかったこと

日本の曲はないものもある。

これほど魅力がありますが、辛いところも少しあります。

それはあまり日本の曲がないところ。

僕の推測だと事務所が申請していなかったり許可していなかったりすんじゃないかな。

ちなみに、僕は家入レオさんの大ファンですが曲は少ししかありません(泣)

それ以外にも確か「星野源」や「RADWIMPS」などがありません。

あっても新しい曲はなかったり、オルゴールヴァージョン的なのしかありません。

なので僕は恋ダンスできませんでした。

自分の持っている曲はAppleMusicにアップロードできる!

聴きたい曲がAppleMusicにないときは、かなり悲しくなります。

しかし、実はCDから取り込んだ曲や既に購入していた曲は自分のAppleMusicライブラリにアップロードすることができます。

これによりストレージ容量を圧迫しないストリーミング再生が、例えAppleMusicにない曲でもできるようになります。

詳しくは公式ページを参照してください。

HomePodはAppleMusicが必須!!

未だ日本未発売のHomePodの話を持ち込んでしまいますが、HomePodはAppleMusicに登録していなければただの筒です。

USBで接続したりすることはできません。

全て無線(WiFiかAirPlay)経由で操作します。

詳しくは下記を参照してください。

まとめ

いかがでしょうか、AppleMusicの魅力伝わりましたか?

Appleユーザーであれば加入しないメリットはありません。

さぁ今すぐ登録しなさい。

一応AppleMusicの全てがここでわかるようにしていますが、下記漏れがあったら追記しますね。


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。