【GoodGrapher】使い方講座① 座標平面にグラフを描く

公開日:       更新日:      
【GoodGrapher】使い方講座① 座標平面にグラフを描く


お待たせしました!


皆様から多くのご要望を受け、これさえ見ておけば完璧!と言える様なApple製品の選び方を記事にしました!
購入をお考えの方は是非参考にしてください。
※iPhoneについては現在誠意執筆中!もう少しお待ちください(>人<;)

どうも、Appleが命の源@Rasaka_sanです。

さて、前回の記事では数学徒向けのアプリを紹介しましたが、やはり大雑把に説明しすぎたなと思いました。

 

[blogcard url=”http://rasaka-san.com/2017/01/24/数学徒よ、刮目せよ%E3%80%82この数学アプリたちを%E3%80%82/”]

 

なのでちょっとシリーズ化して、ぜひ色々なことに使っていただけるようにしたいと思いました。

有料アプリなんで手を出しにくいのもわかるんですが、絶対に損はしません。

高校生までであればこのアプリで理解度はかなり上がると思います。

もちろん大学生でも問題はないと思うんですが、物足りなく感じると思います。

何はともあれ、今日はシリーズ第1回。

GoodGrapherでx-y平面をコンプリートしていきましょう。

Good Grapher Pro – scientific graphing calculator
カテゴリ: 教育
現在の価格: ¥240

【講座①】グラフを書いてみる。

ではまず、グラフを書いていくわけですがとても簡単にかけます。まずは、書き方を覚えて色々試してみましょう。

これが関数やグラフを得意にする第一歩です。

写真で説明すると、だいぶ手間なので動画にしてみました。

 

動画では2次関数を描いていますが、メニューを見ればわかるように

「関数」「逆関数」「極座標」「パラメタ」「陰関数」まで作成できます。

一通り遊んでみるといいでしょう。

そこで気付くはずですが、カッコを多用することが重要です。

例えば、関数で以下の式を入力してみましょう。

 

こういうアプリやソフトで一番カッコに気をつけなければならないのは分数や指数です。

入力パネルがこのような式になっていると不正解。

y(x)=7/x^2+4

これは、

の意味になってしまいます。

正解はこのように記述することです。

y(x)=7/x^2+4

ほらグラフも違うでしょ?カッコって大切です。

(赤が間違い、オレンジが正解のグラフ)

 

【講座②】各値について調べる。

さて、グラフがめでたく描けるようになったと思います。

ですが、このグラフだけでは、例えばx=17の時の値なんかはわかりません。

ズームして探すのもいいですがもっと効率の良い方法があります。

それでは動画をご覧ください。

このように、先ほどの2つのグラフに対してxの値を定めた時のyの値が調べられました。

「Start」「Step」「Count」はそれぞれ「xの最小値」「値の間隔」「数える個数」という意味です。

なので動画ではxの値は全て0を含む自然数でしたが、x=1.537付近の値を知りたければ

「Start」を1.53、「Step」 を0.001とすればいいでしょう。

もっと細かい精度を求める時は、「Step」の値をどんどん小さくしていけばいいですよ。

 

【講座③】不等式の場合を描く。

今までは全て=で結ばれた式をグラフに書いていきました。

しかし、高校2年生あたりから不等号で結ばれた式をグラフに表記するようになります。

数学徒はすでにお分かりかと思いますが、不等号で結ばれた式は領域を表すことができますよね?

GoodGrapherはそんな不等号で結ばれた式でさえもグラフに表記することができます。

気づきにくいところにあるので、動画でご覧ください。

(ちょっと遊んでみました。)

このように領域を塗ることもできます。

 

以上がGoodGrapherの2次元モデルにおける大まかな操作方法です。

結構数学っぽい内容に傾いてしまうので、この記事はぼちぼち上げていきます。

次回は3次元モデルについてご説明していきたいと思います。

いやほんとに、入門としてはかなりオススメなアプリです。

数学徒の皆さん、要チェックです。

Good Grapher Pro – scientific graphing calculator
カテゴリ: 教育
現在の価格: ¥240

(無料版もありますが、パラメタが書けなかったりと色々不便なのでPro版をオススメいたします。)

 

本日もご閲覧ありがとうございました。

今度はあまり数学に偏らない内容を書きたいと思います(苦笑)。

ではでは。


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。