iPhone機種変更するなら知ってて! 選び方のススメ

公開日:       更新日:      
iPhone機種変更するなら知ってて! 選び方のススメ


お待たせしました!


皆様から多くのご要望を受け、これさえ見ておけば完璧!と言える様なApple製品の選び方を記事にしました!
購入をお考えの方は是非参考にしてください。
※iPhoneについては現在誠意執筆中!もう少しお待ちください(>人<;)

どうも、春休みに突入し、着々と生活習慣が乱れている@Rasaka_sanです。

最近絶妙に忙しくなって来て、記事更新がうまくできないのが歯がゆい。

ちなみに、記事を書く前に言いたいことがあります。

MacBookProの機体が冷たすぎて、キーボード打つときに手を置いてられない!

なんか、とてつもない冷たさになっています。

正直、雪より冷たい気がする。

 

さて、最近でもiPhone8を記事に何回か登場させましたが、すごい機体が高まっています。

なんでも7Sと8が同時発売の可能性があるとか。

まぁ、次のiPhoneで発売10周年ですからね。

何かすごいものを出して来てもおかしくはないかな。

それにしても、もう10年かぁ。

 

というわけで今回は、8に備えて、

正しいiPhone選びを提供します。

あくまで、学生目線ですが、だいぶお勧めです。

 

一番迷うのは容量

iPhoneの他にも、何かしらそういうデバイスを買う時って容量を気にすると思います。

今のiPhone7は32GB、128GB、256GBの3つから選べます。

ただし、ジェットブラックには、32GBはありません。

7Plusも同様のラインラップですね。

 

確かに、一昔前までは容量はとても重要なポイントでした。

音楽、写真、アプリ。

ちょっと入れるだけでいつの間にか32GB超えてます。

なので、大きい容量であればあるほど安心でしたし、お勧めでした。

しかし、現在はむしろ一番少ない容量の方がお勧めです。

つまり32GB。

僕も7の32GBを使っています。

では順を追って、説明していきましょう。

 

アプリはそんなに入れない

まず、スマホといえばアプリ。

App Storeから様々なアプリを入れていると思います。

ですが、実はiPhoneに入れるアプリってほぼ固定されています。

LINE、TwitterなどのSNSアプリにパズドラなどのゲームアプリ、スケジュール管理。

それらのアプリだけでは、32GBさえ到底埋め尽くせません。

また、それ以外も色々試してみるものの、結局あまり使いません。

僕は使わないアプリは積極的に消していきます。

見栄えが悪いじゃないですか。邪魔だし。

 

ちなみに、iPhoneのアプリで容量が大きいのはパチンコ系のアプリ。

2GBくらいありますが、それでも2GBです。

 

そもそもiPhoneをメインに仕事に使うという人は、結構少ないでしょう。

iPhoneやスマホは、連絡を取ること、暇つぶし程度に使うはず。

もちろん、それ以外にも使えるんですが、そうなると画面のサイズが気に食わない。

 

画像処理や映像処理は基本MacなどのPC、お絵かき系はiPadなどのタブレットでするのが主流。

なので、そもそもiPhoneには容量の大きいアプリがあまり存在しません。

大きい容量のアプリがない上、使わないアプリはどんどん削除される。

容量をアプリが占領することはまずありませんので、心配しなくてもいいでしょう。

 

 

問題は音楽

アプリでないとなると、やはり音楽。

今の時代、数え切れないくらい色々な曲が存在します。

CDから取り込むにしても、iTunesから買うにしてもチリも積もればなんとやら。

1つの今日では数MBと大したことないですが、数曲しか入れてない、なんてこともなく。

気づけば容量のほとんどが音楽で占領されている。

 

だからこそ、お勧めしたいのがApple Music

これは、以前記事にもしていますが月額980円、学割で480円です。

[blogcard url=”http://rasaka-san.com/2017/01/16/学生必見!applemusicのススメ!学割あるよ!/”]

容量はダウンロードしない限りは増えませんし、いつでも削除、再ダウンロードできます。

 

やはり、ストリーミングはとても経済的で魅力的です。

確かに、ない曲も存在しますし、今までの曲の購入金額を考えると踏み出しにくいものはあります。

ですが、色々な曲を聴く人や、いろんなアーティストを聴いてみたい方には断然お勧め。

何よりいま所持している曲は全部クラウド上にあげ、ストリーミング再生を可能にします。

なので容量を心配しなくていいんです。

音楽の容量問題はこれで解決です。

 

写真も結構圧迫している

いや私は曲もアプリもさほど入れていないという方は、写真や動画が多いと思います。

特に学生は写真とか動画とかすぐたまります。

そして、曲やアプリと違って、いらない写真も残しがち。

 

しかも、iPhoneは今、4K対応の動画まで撮れます。

ビデオを数個取ればあっという間に容量は埋まります。

 

そこでオススメするのが、iCloud。

無料で5GBまで使えますが、50GBにしてみてください。

50GBにすると確かに有料ですが、月々130円です。

料金体系は次の通りです。

50 GB:¥130
200 GB:¥400
1 TB:¥1300
2 TB:¥2500

 

まず、MacにiPhoneをつないでください。

Macの写真アプリを開いて、iPhoneの写真を取り込んでみましょう。

次に、写真を全てiCloudに保存するようにしましょう。

設定の「写真とカメラ項目」からiCloudフォトライブラリをオンにすればオッケーです。

 

 

そうすると、iPhoneにある写真データは削除しても構いません

つまり、Macにデータを移し、iCloudで共有することで、すべてのデバイスで見ることができるようになります。

もちろん、ストリーミングですので、いつもみていたい写真はダウンロードしておけば大丈夫。

Macに写真のデータを移すと言いましたが僕はさらにハードディスクに移しています。

 

こうすることで、iPhoneの容量を写真や動画が占領することもなくなります。

写真や動画が溜まって容量が埋まってきたら、Macにつないで取り込んで、iPhoneの写真データを消す。

これで完璧です。

(このやり方は結構大雑把なのでまた詳しく記事にしますね。)

 

僕の後悔

さて、以上のようにやたらストリーミングを推す僕ですが、それには過去の教訓が関係しています。

以前僕はiPhone6Sの最大容量128GBを使っていました。

理由はもちろん、音楽と写真の容量を心配したからです。

Appleケアやいろんなオプションつけたらいつのまにかスマホ代で月々1万4千円。トホホ。

 

そして僕は学生ですよ?

128GBのiPhoneがある日

これ以上写真撮れません。古いの消して。

と、とうとう訴えてくるわけです。

でも消したくないし、しょうがないiCloudの容量増やすか。

となりました。

そして、先のようにiPhoneから写真データを抹消するじゃないですか?

え、使用容量28GB・・・?

32GBで足りるじゃん!!!

 

そうなんです。機種代がとてつもなく無駄になるんです。

学生の僕でさえ32GBで足りました。

写真が容量を占めている方はぜひiCloudへ。

 

 

まとめ

映画とかも前は入れていたんですが、今はもっぱらNetflixとAmazonですね。

もうストリーミングばっか(笑)

まぁストリーミングのいいところは無駄がなく、かつ無限に使えるところ。

写真の枚数が今7000枚ですがまだ50GB使い切りません。

というか7000枚も撮ってたんだ・・・。

 

たしかにAppleMusicに加入すると月々の支払いが増えます。

128GBや256GBの月々の機種代よりも高くなります。

なので、音楽をApple Musicに切り替える方は、いろいろな曲を聴いてみたい方に限られます。

今持っている曲で満足している方、たまに新しい曲を追加できる方はあまり加入しなくてもいいかも。

 

以上です。

本日もご閲覧ありがとうございました。

ではでは。

 

 

 

 

 


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。