正しいiPadシリーズのケースの選び方。

公開日:      
正しいiPadシリーズのケースの選び方。


お待たせしました!


皆様から多くのご要望を受け、これさえ見ておけば完璧!と言える様なApple製品の選び方を記事にしました!
購入をお考えの方は是非参考にしてください。
※iPhoneについては現在誠意執筆中!もう少しお待ちください(>人<;)

どうも、実習前忙しすぎて死にそう@Rasaka_sanです。

もうすでに死にそう(笑)

バイトも振替が多すぎて休めない。

 

そんな絶賛社畜ライフを謳歌している僕、家に帰ると何をする気力も残ってません。

しかし、かわいそうなことに寝つきが悪い。

そんなわけで、ねれるまでハンモックに揺られながらiPadでYouTubeやNetflixをウロウロするわけです。

 

そんな中感じるのはiPad本体のケースなしの軽さ。

こんだけデカくて高性能なのに何故こんなに軽いのか。

この軽さは是非生かすべきです。

そこで今回は、僕が考えるiPad(主にiPad Pro)のケース選び方をご紹介します。

最初にケース選びのポイントをいくつか絞ってご紹介し、最後にオススメできるケースをご紹介します。

是非Amazon等でケースを探す際は注目してみてください。

 

軽さを取るか、安全を取るか。

スマホやタブレット、どのケース選びでも同じことが言えると思いますが、

軽いケースを選ぶか、頑丈なケースを選ぶか。

スマホのケース選びに関してはどちらを取るか分かれるところですが、iPadに関してはほぼ一択。

そう、軽いケースです。

 

iPadを含め、タブレットを購入する主な理由としては以下のようなもの。

・本をまとめて読みたい、持ち運びたい。

・カバンに書類や教科書を多く詰め込みたくない。

・ノートを複数に分けたくない。

 

大きな画面で映画見たいとかもあるかもしれませんが、大体はこんな感じ。

こうなると、結局は重さの問題ではないですか?

煩雑にしたくない、むやみやたらに増えて重くしたくない。

そんな理由でiPadを購入したのに、ケースのせいで重くなってしまっては元も子もありません。

そんなことないだろ、と思う方は是非ケースから一度iPadを外して見てください。

 

しかし、Apple製品に限らずこういう機材って、衝撃や水に弱い。

だから頑丈なケースじゃないと不安。

という方もいらっしゃいますよね。

 

まず防水機能に関してですが、そもそもiPadを水場(お風呂とか海とか)に持ってく理由てなんなんでしょう。
そんなに大きな画面持ち込まなければダメなんでしょうか。

iPadではなく、iPhoneではダメなのでしょうか。

今の世代のiPhoneは耐水機能付いてますし、そうでないiPhoneは防水袋(ジップロックもいいよ)に入れて持ち込めばいいじゃないですか?

iPadのケースを重くするより、明らかに楽だと思うのですが。

 

たまにお風呂で映画見たくなる、という気持ちわからんでもないです。(すぐのぼせてしまうんですが。)

しかし、Netflixやアマゾンビデオならデバイスに依存しないのでお風呂ではiPhone、ソファではiPadというような使い方ができます。

なので、iPadに防水ケースをつけるような場面が思い当たらないんです。

 

次に衝撃に関してですが、そんなにiPadに衝撃加えるって一体何する気なんでしょう?

僕はカバンに入れてiPadを持ち運んでいるので、カバンを置いた時不安という気持ちはよくわかります。

しかし、普通のケースでも大丈夫のような気がします。

 

たしかにMacBookProは、ケースを付けていないと不安です。現にこの間購入して付けたケースは、角っこがバキバキです。

ただそれは、付けてるケースがハードケースだからですし、本体事態が重いためケースに加わる衝撃も大きいからです。

それに比べて、iPadに加わる衝撃は、iPadが軽いのでそれほど大きなものではないのではないでしょうか。

 

オートロック機能を活かすかどうか

iPadというと画面保護も行えるパタパタするカバー付きケースが人気。

スマホケースでもこんなにパタパタするケースはないですが、画面保護もしてくれるケースは大学生に比較的人気。

カードホルダーがありますからね。

 

さて、この画面保護もしてくれるケース、実はオートロック機能を搭載しているものがあります。

オートロック機能とは、カバーを開閉するだけでロックをしたり、起動してくれたりする機能。

この機能はiPadの設定画面から行えます。

 

実際ホームボタンや電源ボタン押すだけなんで、大した手間ではないですし使わなくてもいい機能ではあります。

しかし、なんやかんやした後に蓋をパタンと閉じるだけでカチッとロック音がするのはちょっと気持ちいい。

しかもなかなかスマートです。

 

まぁ、画面ほども行えますしこのカバー付きケースの方がオススメです。

しかも、先ほどMacBookProの例で出したように、プラスチックケースは割れやすいです。

寿命が短い。

かと言ってシリコンはベタベタするし、埃がえげつなく付きます。

黒色のシリコンケースなんて選んだ瞬間終わりです。

なので僕的には、基本TPUケースのカバー付きケースをオススメします。

TPUケースとは衝撃吸収性があり、透明感があるシリコンより若干硬いくらいの素材のこと。

 

パタパタするか

さて、僕のオススメがカバー付きケースということはわかっていただけたかと思います。

次なる基準はパタパタするか。

ここを見るのには2つのポイントがあるからです。

 

まず一つ目はスタンド機能。

パタパタするケースは2、3通りくらいのスタンド方法がありますスタンド方法があります。

そのほかのケースも基本スタンド機能を有しています。

しかし、用途に合った適切なスタンド方法がないケースだと超不便だったりします。

パタパタケースは比較的どの用途にもあった立て方ができるので安心です。

 

そしてもう一つのポイントが重さ。

パタパタと折りたたみできないケースは基本重たい傾向にあります。

とくに、Amazonなんかで売られているオリジナリティあふれるケースなんかは折りたたみができずかつ重いものが多いです。

つまりデザインが良くても機能性が悪すぎるんです。

なのですぐに新しいケースに買い換えると思いますよ。重たすぎて持ってられません。

ひどいものだとiPadと同じかそれ以上の重さのケースがいます。

 

オススメできるケース

さて、これらのポイントをまとめると僕がオススメできるケースは、実は一つしかありません。

しかも超安い。

失敗してもいいやという気持ちで最初は買ったのに、とんでもなくいいものでした。

それがこちら。

iPad Pro ケース, JEDirect 超薄型 軽量型 iPad Pro Case Cover スマートカバー Apple 12.9インチ適用(iPad 7)2015年モデル、マグネット内蔵 マルチアングルスタンド機能 オートスリープ機能付き (ダークグレー) – 3153
なんと総重量が340gという鬼のような軽さ。

しかも安いのにパタパタするし、オートロック機能付き。

手触りも良くて言うことなしです。

iPad Proだけご紹介してもあれなので他にもいくつかご紹介します。

 

新型iPad用
新型 iPad 9.7 2017 ケース ESR 超軽量 極薄 レザー 三つ折スタンド オートスリープ機能 スマートカバー 新しいApple iPad 9.7インチ 2017最新版専用 全10色(ダークブラック)

その他iPadシリーズ
JETech iPad 2/3/4 ケース アイパッド スマートケース カバー ブラック-0210

 

 

 

逆にやばいタイプ(買ってはいけないタイプ)のケースがこちら

Logicool ロジクール CREATE iPad Pro キーボードケース Smart Connector (スマートコネクター) 搭載 バックライト付き Ik1200(12.9インチ)

 

正直鬼です。

1万以上しますし重さもとんでもない重さしてます。

キーボードも慣れればなくてもいいと思うでしょうし、あまりオススメはできないかなぁ。

 

まとめ

どうでしょう。

ここまでiPadの軽さを全面に押してケースをすすめるやついなかったでしょう笑

とにかく軽さは重視すべきです。

 

 


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。