感動のミラーリング! Duet Displayのすごさを語ってみる。

公開日:       更新日:      
感動のミラーリング! Duet Displayのすごさを語ってみる。


お待たせしました!


皆様から多くのご要望を受け、これさえ見ておけば完璧!と言える様なApple製品の選び方を記事にしました!
購入をお考えの方は是非参考にしてください。
※iPhoneについては現在誠意執筆中!もう少しお待ちください(>人<;)

※注意(2018/04/11 追記)

現在MacのmacOSが10.13.4である場合、Duetが正常に動作しません。

また、導入したMacの透明度が再起動するたびに自動的に下がってしまいます。

「システム環境設定」→「アクセシビリティ」→「ディスプレイ」→「透明度を下げる」のチェックを外す。

という一連のめんどくさい操作が必要です。

Duetが正常に動作するまで様子を見た方が良さそうです。

 

どうも、Raskaです。

連日急な豪雨が続き、洗濯物が乾きませんね。

車で移動することのありがたみがわかりつつあります。

 

さて、そんな中で記事を書く僕ですが、ある記事を書いていないことに気がつきました。

こんなすごいアプリの記事を書いていないじゃん!

と思ったので今回ご紹介します。

それがこのDuet Display (以下Duet)というアプリ。仕事の生産性を上げてくれること間違いなしです。

Duet Display
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥1,800

 

最強のミラーリングアプリ

さてこのアプリ、価格を見てもらえればわかりますがアプリにしてはかなり高価です。

なぜこんな価格でもオススメされるのか。

それはその性能のすごさにあると思います。

 

まずこれまでにパソコンにiOS系デバイスのミラーリングをしたいという要望については、

QuickTimePlayerを使う

 

といった手段をご紹介しました。

 

今回ご紹介するのはその逆。

そう、パソコンの画面をiOSデバイスにミラーリングしたいという要望に応えてくれるアプリ。

そんなことしてどうするの?

と思った方もいるでしょう。

これにより、Macの作業にタッチパネルの有用性を活かすことができるようになります。

MacはこれからもタッチパネルにはならないことはAppleが断言しています。

Surfaceのように使いにくくなることを避けているんでしょう。

 

Surfaceを買う前に知っておきたい弱点

 

しかし今回のDuetというアプリ、このミラーリングが非常に簡単にできます。

やることは簡単、パソコンとつないでアプリを起動するだけ。

 

パソコンもデバイスも選ばない。

で、ここでパソコンというとMacを使わないといけないような感じがします。

QuickTimePlayerの使い方に関しても、ご紹介したやり方はMacにしかつかえない場面もあります。

しかし、このDuetはWindowsでも使用することが可能

しかも互換性がiPad全機種、iPhone全機種をカバーしています。

どれもパソコンとLightningコネクタをつなぐだけ

遅延もあまり感じることなく、高速で接続されるのでストレスフリーです

 

TouchBarに対応

僕が愛用しているMacBookPro2016。

その愛に関してはこれまでにも何度か記事にしてきました。

 

MacBookPro(late2016)はオススメだった

MacBookPro2016のケース失敗した。

【祝!!】MacBookPro2016 修理受付スタート

MacBookPro 4ヶ月経ったレビュー!オススメな人は?

 

そのMacBookProの比類なき特徴といえばやはりTouchBar。

これに慣れてしまうと普通のパソコンが不便すぎて仕方ありません。

そのTouchBarでさえiPadで表示できてしまう、生産性爆上げです。

 

画面が増えるすごさ

画面が増えるというのは、想像以上に生産性を向上させてくれます。

マルチタスクでも十分だと思っているのなら見直すべきです。

まず画面がフルで使えるというのはとても重要な要素だと思います。

例えばこんな使い方。

パソコンでWordを使いつつ、参考サイトをiPadで表示させます。

わざわざミラーリングしなくていいじゃないかと思うかもしれませんが、入力ソースが1つのキーボードに集約されているので煩わしさがありません

しかしこれはまだまだの使い方。

 

本当にすごいのはiPad Proがペンタブとして使える使い方。

つまりApplePencilを生かしたミラーリングです。

 

最強の組み合わせ iPad Pro+PhotoShop

では実際に僕が使っている環境でかなりおすすめの使い方をご紹介します。

それがiPad ProとPhotoShopのコラボ。

起動するソフトがソフトなのでヌルヌル動くにはそれなりにパソコンを選びますが、かなり凄いです。

 

パソコンでPhotoShopを起動し、Duetを起動します。

iPadの方にPhotoShopの画面を持っていきます。

この時、Macでは参考画像なんかを表示させておけばいいのではないでしょうか。

PhotoShopの良さを生かした作画ができました。(絵のうまさは別として。)

実際に書いたものがこれ。

ふと筆書きで簡単に書いたのですがあることに気がつきませんか?

そう、筆圧感知による太さ、濃度の絶妙な変化も表現できるんです。

PhotoShopにこの感知機能が加われば何も怖くないでしょう。

 

導入方法

では最後に導入方法を述べておきましょう。

まず、AppStoreよりアプリをダウンロードします。

Duet Display
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥1,800

 

次にパソコンで公式ページに飛び、パソコン専用アプリをダウンロードします。

公式サイト

 

あとはLightningコネクタをつなぐだけです。

これだけでとんでもない生産の向上性が見込めます。

 

大学生であればレポート課題なんかでもいいですし、クリエイターなら先ほどのような使い方が考えられます。
とにかくこのアプリはすごい。

ただ、先ほどご紹介したPhotoShopを用いた使い方で使った筆圧感知の機能。

これは課金コンテンツになっており、年間1200円ほどかかります

しかし月100円と考えると、絶対必要なコンテンツといっても過言ではありません。

 

まとめ

実際使って見て思うのは生産性の向上がとんでもなく凄まじいです。

WordやPhotoShop、記事を書くにもなんでも使えます。

もちろんiPhoneでもできることはできますが、画面が小さくては何もしようがないと思うのでぜひiPadでお試しください。

Duet Display
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥1,800

では。


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。