Macbook Pro2016に必須なもの

公開日:      
Macbook Pro2016に必須なもの


お待たせしました!


皆様から多くのご要望を受け、これさえ見ておけば完璧!と言える様なApple製品の選び方を記事にしました!
購入をお考えの方は是非参考にしてください。
※iPhoneについては現在誠意執筆中!もう少しお待ちください(>人<;)

どうも、Rasakaです。

MacBookPro2016がリリースされてから早一年が経とうとしています。

うーん、年月の早さには驚かされます。

USB-Cという言葉も、1年の間に結構浸透した気がします。

Nintendo SwitchにもUSB-Cが採用されていますし、時代は着実に移り変わっているなと感じます。

 

さて、問題は他製品がそれに追いついていないこと。

当然の話ですが、急に全ての規格をUSB-Cに統一するなんてできません。

MacBookProユーザーは1年間、多くのデバイスの規格が一致しないことに悩まされてきました。

特にUSB規格も変換プラグが必要です。

スタイリッシュなMacBookの機体に、ピローンと白いコード・・・。

そこで今回はMacBookのスタイリッシュさを残しつつ、他規格と合わせることができる製品をご紹介したいと思います。

多くの製品が出回る中で使ってみて納得できたのは今回ご紹介するものだけです。

早速みていきましょう。

 

全てを欲する人のためのとの変換ハブ

まず、ご紹介するのはHAVIT の変換ハブです。

HAVIT Thunderbolt 3 USB-C Hub USB C ハブHV-T90 6in1 USB ハブ アルミニウム合金製パワーデリバリー SDHC 5K 2016/2017Macbook pro 13’’/15’’変換ハブ (グレー)
一気に書いてしまうとごちゃごちゃするので、ポイントごとに見ていきましょう。

 

必須規格をしっかりサポート

USB-Cを使っていて、一番何が困るのかというとやはりUSBプラグでしょう。

現在多くの規格がUSBとなっていますから、必須中の必須なわけです。

その他、カメラを趣味としている方やアンドロイドを使用している方はSDカードやmicroSDも必須になりますね。

この製品は、しっかりそれらをカバーしてくれています。

また、USB規格は2つ搭載してくれているので大変ありがたいです。

 

〈搭載規格〉

・USB×2

・USB-C×2

・SDスロット

・microSDスロット

 

機体の色にマッチ

これも地味に嬉しいポイントですが、機体の色に合わせてくれています。

MacBookPro2016から新色スペースグレーが登場しました。

これまでのMacといえばあのシルバーカラーが特徴的でしたが、この新色を選んだ方も多いはず。

 

しかし、これまでのシルバーカラーが特徴的すぎて多くのMacのカスタマイズパーツはシルバー。

当然、USB-C変換ハブの製品も多くはシルバーで登場しました。

発売されてからいっときすると、スペースグレーの変換ハブなんかも登場しましたが、色味が違いすぎて逆に浮いていました。

かといってApple純正の変換プラグなんかは高いし真っ白、おまけにピローンとなっています。

 

この製品は他製品に比べ色味が格段にスペースグレーに近いです。

とはいっても、見分けがつかないというほどではありません。

ですが、馴染んでいるというか、親和性を生み出している色合いです。

むしろ馴染みながらも、MacBookProのスタイリッシュさを強調しているように思います。

 

熱くならない

他変感ハブなどのレビューを見てみると、桜がうじゃうじゃ。

その中でバット評価を見ると、熱くなりすぎるという旨のレビューが目立ちます。

変換ハブが熱くなると当然アルミ製のMacBookにも熱が伝導してしまいます。

 

ところがこの製品はとにかく熱くなりにくい。

実際、外付けハード、SDカード、iPhoneを同時につなげて見ましたが、全く熱くなりません。

逆に動いているのか不安になるほどです。

 

コスパがすごくいい!

まずこの手の変換ハブは5〜6,000円が多いです。

しかし、この変換ハブは5,000円でお釣りが出る安さ。

正直このメリットがあってこの金額って、他変換ハブがどんだけぼったくっているのか怖いです。

 

さらに驚くべきことに1年間の保証が付いています。

これは他変感ハブを売っている業者ではなかなか見ないですね。

本当に消費者のことを考えて作られている感じがします。

 

さて、紹介するからにはデメリットも紹介しないといけません。

しかし、この製品のデメリットはそこまで気になることはないように思います。

 

差し込むにはUSB-Cを2つ使う。

まず、画像を見てもらえばわかる通り差し込みにUSB-Cを2つ必要とします。

つまり、完全にMacBookPro2016用です。

(USB-Cを搭載しているMacはもう1つ、MacBookがあります。

しかし、USB-C1つしか搭載されていません。

そのため、この変換ハブは使うことができません。)

 

USB-Cを2つも消費することが心配ですか?

大丈夫です。

前述の通り、この変換ハブにもUSB-Cが2つ搭載されています

そのため、規格を増やすだけで、USB-Cの差し込み口が減ることはないという優れものです。

 

HDMIやVGAは非対応

プレゼンなんかでプロジェクターやモニターを使う方は多いと思います。

残念ながらこの変換ハブではそれらに多く搭載されているHDMIやVGAの規格はサポートされていません。

 

しかし、ここで注意してほしいことがあります。

それはあえて搭載していないということ。

 

僕は一度別の変換ハブを購入しました。

それにはHDMIもVGAも搭載されていました。

そしてプレゼンの日。

変換ハブにHDMIをさしたところ、映像が乱れる乱れる。

全く使い物になりませんでした。

 

プレゼンなど重要な場面で使うものは純正の変換コネクタを使用することがベストでしょう。

あの経験以来僕はHDMIとVGAだけは純正と決めています。

 

この変換ハブを見たとき、HDMIとVGAはあえて搭載していないのだろうと思いました。

色々つけすぎて逆に使い物にならないことを阻止したのではないでしょうか。

そういった面で、他製品と比べて特化している感じがします。

 

USBコネクタが硬い

唯一残念な点を挙げるならこれ。

USBの抜き差しが若干大変です。

多分片手では外れません。

差し込んだ時、「あ、抜くの大変そう」と察するくらいです。

もう少し、抜けやすければベスト。

 

まぁ途中でスポンと抜けるよりはマシでしょうが。

USB-C-Lightningコネクタコード

もう一つご紹介したいのが、ESRのこちらのコード。

USB-C Lightning – USB Type C ライトニング ケーブル ESR タイプ C iPhone 充電 ケーブル USB-C 【ケーブルバンド付き 円滑処理コネクト Apple向け外見】 新しい Macbook / Nintendo Switch / iPad / iPhone / iPod に対応 (Macbook 科技感グレー)
そう、USB-CとLightningをダイレクトにつなぐコードです。

そしてご覧の通り、色味も完全にスペースグレーに合わせてくれています。

これでもう変換プラグを使う必要がなくなりましたね。

 

そもそもlightningもあまり使わなくていい環境になってきました。

同期は全てiCloudに任せてありますし。

しかし僕が仕事で愛用しているduetに必要なので買いました。

Duet Display
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥1,800

 

感動のミラーリング! Duet Displayのすごさを語ってみる。

 

ただ要望としては0.5mが出てほしい。

どの製品も、純正品でさえも1mからしかありません。

長すぎる・・・。

というわけでこちらの製品は安く、色味もぴったりなので現在発売されているものの中では一番気に入ってます。

 

まとめ

今回は変換ハブとコードの2つをご紹介しました。

どちらももう手放さずにいられません。

今回結構念押ししましたが、色味は結構重要です。

スタイリッシュなMacの持ち味を殺さない、素晴らしい製品だと思います。

もし、USB-Cの変換プラグで悩まされている方がいれば一度チェックしてみてください。

それでは。


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。