AirPods & Beats Studio3 Wireless 最強比較レビュー

公開日:      
AirPods & Beats Studio3 Wireless  最強比較レビュー

つい先日、衝動買いしてしまったBeats Studio3 Wireless。

AirPodsをすでに持っていることと、自分がそこまで音楽に詳しくないことが原因で

若干返品しようか迷いながらの開封になったが、そのネガティブな気持ちを吹っ飛ばす最高のヘッドホンだった。

詳しくはこちらの記事(Beats Studio3 Wireless その魅力を語り尽くす。)で紹介しているので、ぜひみていただきたい。

 

さて、今回はBeats Studio3 WirelessとAirPodsを比較したレビューを書いてみたいと思う。

どちらか一方を購入しようかお考えの方はぜひとも参考にしていただきたい。

 

どちらもApple渾身の『音楽の革命』

比較レビューに入る前に、もう一度おさらいとして

AirPodsとBeats Studio3 Wirelessの製品の特徴を述べておこう。

 

Beats by Dr. Dreは2014年にAppleに買収され、Appleの音楽革命の重要な一部となった。

そのため、AirPodsとBeats Studio3 Wirelessには共通点がある。

それがW1チップだ。

W1チップはまさにApple製品のためのもの。

W1チップ搭載デバイスの電源をつけ、iPhoneなどに近づけるだけで接続してくれる。

いちいち設定画面からペアリングしなくてもいい。

これは慣れるとわかるが、普通のBluetoothデバイスのペアリングがめんどくさくなるほど画期的だ。

 

また一度Appleのデバイスでペアリングすると、

iCloudを共有する全デバイスでペアリングの手間が省け、シームレスな接続ができる。

W1チップ搭載イヤホンは、各デバイスでいちいち登録する必要がないというわけだ。

 

またW1チップにはFastFuel機能が搭載されている。

Fast(速い)Fuel(燃料)と読んで字のごとく、高速充電を可能にしてくれる。

高速充電といっても、充電速度だけでなくバッテリーのもちもかなり長い。

AirPodsは15分の充電で3時間駆動、

Beats Studio3 Wirelessは10分の充電で3時間駆動する。

 

この感動的なFastFuel機能のおかげで、最高のワイヤレス体験ができることは間違いない。

AirPods、Beats Studio3 Wirelessどちらを購入しても最高の音楽革命が得られることは保証する。

それでは、両者各々の特徴を踏まえながら、比較していこう。

 

出先で音楽を楽しむなら・・・

音楽をどこでも楽しみたい方には、断然AirPodsをお勧めする。

携帯性も充電の持ちも抜群にいい。

高速充電にも対応しているので、一度AirPodsを手にしたら有線イヤホンには戻れない

 

もちろんAirPodsの魅力は、それだけではない。

耳につけていることを認識し、耳から外すと自動で音楽が止まる。

そして再び耳につけると音楽も再開される。

いちいちiPhoneで操作しない開放感は最高だ。

 

また、AirPodsを耳につけた状態でトントンと軽くタップするとSiriを起動することもできる。

自転車を利用する方はこの便利さを体感すれば、虜になることは間違いない。

片耳にAirPodsをつけ、ナビアプリを起動すれば目的地まで音声案内をしてくれる。

天気が不安でも、Siriが教えてくれる。

まさにSiriが最高のアシスタントであることの証明になると思う。

 

携帯性ということでは、おそらくAirPodsに叶うイヤホンは存在しない。

それほど小型だ(その分無くしやすいが・・・)。

 

Beats Studio3 Wirelessも一応、コンパクトに折り畳むことは可能だ。

だがそれでもAirPodsと比較にならないほど大きい。

(左がBeats Studio3 Wireless、右がAirPods)

 

音声アシスタントSiriもBeats Studio3 Wirelessで利用することはできる。

Beatsロゴ部分を長押しでSiriが起動できる。

音楽の再生/停止はBeatsロゴを一回押すなど、便利な機能は搭載してあるため不便は感じない。

 

以上のように、どこでもさっと取り出して音楽を楽しみたい方には

大きくかさばるBeats Studio3 Wirelessよりも

小型で軽いAirPodsが圧倒的にお勧めだ。

 

音質は・・・

音質に関しては、もちろんBeats Studio3 Wirelessだ。

高性能なノイズキャンセリング(Pure ANC)は音楽を聴くための最高の環境を作ってくれる。

日常生活では車の音や換気扇の音など、日頃意識しない生活音であふれている。

イヤホンでは音楽と、それらのノイズを無意識のうちに聞いている。

だからこそ、このノイズキャンセリングのすごさに感動する。

 

日頃の音が全て消え、音楽のみが流れる快感。

EDMやクラシックなど、不快音が特徴的な音楽をぜひ聞いてほしい。

純粋に音楽だけを聴く新しい体験に興奮を覚えることは間違いない。

一方でAirPodsに関してだが、音質に関しては問題ないと思う。

日常聞く分には、何も問題ない。

途切れたり、音飛びしたり、変なノイズが起きることはほとんどない。

 

だが一度Beats Studio3 Wirelessを体感すると、AirPodsはノイズキャンセリングがあまいと感じるようになる。

電車の音や、水道から流れる水の音など、普段気にならないノイズが際立つように感じる。

つまり、音楽に集中できなくなる。

音楽を100%楽しみたい方は、必然的に音量が上がったりしているのではないだろうか。

それならば一度Beats Studio3 Wirelessを使ってみるべきだと思う。

 

統一性は・・・

前述の通り、AirPodsもBeats Studio3 WirelessもW1チップを搭載している。

そのためApple製品との連携はかなりいい。

この感動を覚えると、Androidに多少の不便さくらいで移行する気にはなれない。

 

ただ、Beats Studio3 WirelessよりもAirPodsが一歩他Apple製品との統一性ではリードしている。

いや、むしろBeats Studio3 Wirelessが一歩遅れてるというべきかもしれない。

なぜか。

それはBeats Studio3 Wirelessに搭載されているコネクタである。

 

Beats Studio3 Wirelessに搭載されている充電コネクタは

Micro-USB

なのである。

 

僕は大きな声で言いたい。

なぜLightningコネクタではない!!?!?!?!?

 

Beats Studio3 Wirelessに対して、AirPodsはLightningコネクタ搭載である。

これで先ほどの“一歩遅れている”の理由がわかっていただけただろうか。

 

今後全製品をUSB-C、もしくはLightningコネクタに統一するであろうApple。

その流れの中でなぜmicro-USBにしたのかかなり疑問だ。

 

モバイルバッテリーとLightningコネクタさえあればiPhoneとAirPodsは長い時間使うことができるが、

Beats Studio3 WirelessはLightningコネクタに加え、micro-USBケーブルも持ち歩かなければならない。

(Macbook Pro 2016ユーザーはただえさえ変換ケーブルが多いのだから勘弁してほしいものである。)

 

ファッション性は・・・

この答えは容易に想像ができるだろう。

圧倒的にBeats Studio3 Wirelessだ。

 

Beats by Dr. Dreの手がける製品の音質は、これまでにかなり酷評されてきた。

それでも、値段の割に売れていたし、知名度もある。

その理由は何と言ってもそのデザイン性だろう。

 

どんなファッションにも合わせやすく、若者の間では信者も多い。

Beats製品はファッションとしてのアイテムであり、音楽を聞くためのデバイスとは一線を画していたのだ。

Beatsと調べるだけで、各々の個性を存分に発揮した魅力的なファッションを見ることができる。

 

そのBeatsがAppleに取り込まれたことにで、よりスマートに、よりクールになったことは言うまでもない。

音質、機能、ファッション性が完璧に調和されたことにより、まさに死角がなくなったといってもいい。

音楽を楽しみつつも、ファッションに鋭い方にはかなりオススメだ。

専用のケースに入れた時さえも、beatsの文字が最高にかっこいい。

 

Beats Studio3 Wirelessのカラーバリエーションもクールで魅力的なものが並ぶ。

僕は購入ボタンを押す最後までシャドーグレーとホワイトで迷った。

高級感漂う素晴らしい色合いと素材だと思う。

 

一方でAirPodsだが、

耳からうどん

と大変不名誉な名が与えられるほどダサい。

機能は素晴らしく、音質にも問題がないと思われるのだがなにせ見た目がすごい。

つけ方によってはどこかの少数民族になってしまう。

(AirPodsの付け方についてはこちらの記事で紹介してます。)

 

最初のうちは確かに見た目を機にするのだが、最近はそうでもない。

というのも、付け方に気をつければ割と気にならない。

それに普及し、芸能人なんかもつけるようになったことである程度ダサさが許容されたように思う。

それでもダサいことに変わりはないのであるが。

 

価格は・・・

かなりの機能を詰め込んだAirPodsとBeats Studio3 Wireless。

両者の価格を見ていこう。

 

AirPodsは税抜き16,800円。

Beats Studio3 Wirelessは税抜きで34,800円。

単純に考えるとBeats Studio3 WirelessはAirPodsの2倍も値段が張る。

 

 

クリスマスプレゼントや誕生日プレゼントなどに適切なのはAirPods、

自分へのご褒美や音楽を追求したい人はBeats Studio3 Wirelessといったところだろうか。

どちらも在庫は現在安定しているため、比較的容易に手にいれることができる。

 

音質、ノイズキャンセリング、高級感やファッション性、さらにはフィット感などを踏まえて

この値段差が妥当かどうかは人によると思う。

僕的には妥当かなという感じだ。

ただし、これはあくまで音楽を日常的に聞く者の意見であり、

ヘッドホン専門家や音楽の仕事に携わる人間の感想ではないことに注意してもらいたい。

一ユーザーの声として聞いていただければ幸いだ。

 

僕はぜひApple Storeに足を運んで視聴してみることをお勧めする。

衝動買いで、半分博打のようにBeats Studio3 Wirelessなんて買うもんじゃない。

(4万円は大学生にとって、1ヶ月生活できるほどの大金。)

後悔はしていないが、もう少し賢い買い物を心がけたいと思った。

 

音楽が解き放たれる

音楽のテストの過去最高点数が28点の僕も、音楽を聞くことは楽しい。

何かに集中するときも、どこかに行くときも常にそばにいる。

それだけで生活が豊かになる不思議な存在である。

 

今回AirPodsとBeats Studio3 Wirelessを比較したが、どちらも音楽を聞くという行為に革命をもたらしているのは確かだ。

これにApple Musicの組み合わせはまさに最高の一言。

自分の知らなかった新しい曲の発掘や、流行の曲を追いかけるには最高だ。

ワイヤレスでストリーミング再生。

もう、音楽が何かにとらわれることはない。

 

この体験はぜひともしてほしい。

音楽を聞くことがより一層楽しくなることは間違いない。

 

まとめ

それでは今回紹介した観点を表にまとめてみよう。

AirPods Beats Studio3 Wireless
携帯性
音質

統一性

ファッション性
価格

全体的にBeats Studio3 Wirelessの方がAirPodsよりもポイントが高いように思えるかもしれない。

しかしこれはあくまで比較レビューであって、使い勝手はまるで違う。

 

一例として僕の使い分けをご紹介する。

AirPodsは日常的に持ち歩くイヤホンとして使っている。

大学へ行く時、ランニングする時、お昼寝するときなどだ。

 

一方でBeats Studio3 Wirelessは音楽を楽しみたいときに使う。

休日の読書の時間や、寝る前のひと時、研究室で研究をする時なんかも重宝する。

ノイズキャンセリングがすごいので、音楽を流さなくても図書館なんかではまさに無音で読書ができる。

 

このようにAirPodsとBeats Studio3 Wirelessは全く用途が違うと思っている。

だが、僕のように(考えもせず)両方買われる方はあまりいないと思う。

値段もかなり高いので、買うのであればどちらか一方という方が多いだろう。

どちらの利点が自分の生活には必要なのか、よく考えて購入することをお勧めする。


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。