Apple Watch ステンレスケース バンドランキング

公開日:       更新日:      
Apple Watch ステンレスケース バンドランキング


お待たせしました!


皆様から多くのご要望を受け、これさえ見ておけば完璧!と言える様なApple製品の選び方を記事にしました!
購入をお考えの方は是非参考にしてください。
※iPhoneについては現在誠意執筆中!もう少しお待ちください(>人<;)

最近Apple Watch系の記事がやたらと増えてきています。

その理由は簡単。

AppleWatchがすごくかっこいいから!

Apple Watchを購入した方なら、この気持ちわかってくれると思います。

 

さて、AppleWatchは初代が発売されてから早5年が経とうとしています。

この間に多くの機能とバントが追加されてきました。

機能の充実は新規ユーザーを増やし、バンドの充実は既存ユーザーを満足させてくれます。

 

ところでAppleWatch Series3発売に伴い、新規ユーザーがかなり増えたそう。

あなたは、どのApple Watchを購入しましたか?

 

僕は以前Apple Watch Series2 ゴールドアルミニウムケースを使っていたのですが、先日Apple Watch Series2 ブラックステンレスケースを購入した。

なんで今更series2?

その理由はまた別記事で紹介します。

Apple Watch Series3は大損?!今こそSeries2を買うべき理由

 

以前、Apple Watch バンドランキングという記事を書いたのですが、このとき使用していたApple WatchはSeries2 ゴールドアルミニウムケースだった。

あの記事以降も様々なサードパーティー製のバンドを買って、服や活動スタイルに合わせて楽しんでいました。

 

ところがある問題が生じたのです。

 

Apple Watch 自体はApple Watch Series2 もApple Watch Series3も容姿はあまり変わらないため、

Apple Watch バンドランキングという記事を参考にしていただいても問題ないかなぁと思ったのが、

Apple Watch Series2 ゴールドアルミニウムケースに合わせて買ったバンドが

ことごとくApple Watch Series2 ブラックステンレスケースに合わない

サイズの問題ではなく、ルックス的に全く似合っていない。

 

Apple Watch はかなりクールなデザインとなっているため、いろいろな場面で目立ちます。

それなのに、せっかく買ったバンドのせいでApple Watchのクールさを損ねてしまったら、元も子もない・・・。

 

そこで今回は、Apple Watch ブラックステンレスケースだけのバンドランキングを作成したいと思います。

アルミニウムケースにあわせて買ったバンドがどうしてステンレスケースにあわないのかも含めてご紹介していきたい。

ステンレススチールリングブレスレット《オススメ度★★★★★

 

オススメポイント!・本体のステンレスモデルとかなりマッチしている

・つけやすい

・調整しやすい

・高級感がすごい

・驚くほど軽い

圧倒的1位はこのバンドで間違いないです。

僕が購入したApple Watchはブラックステンレスモデルなので、スペースグレイステンレススチールリングブレスレットについてレビューしますが、シルバーのステンレスモデルを購入した方は、銀色のステンレススチールリングブレスレットがオススメです。

 

このバンドは、Apple Watchの純正バンドの中でも群を抜いてお高いあのバンドです。

公式ページにもある通り、100個以上のパーツが使われている。驚き・・・

ケースと同じ316Lステンレススチールアロイで精巧に作られたリンクブレスレットです。パーツの数は100を超えます。機械加工のプロセスは実に緻密で、一つのストラップのリンクをカットするのに9時間近くを費やします。専用のバタフライバックルは、ブレスレットの中にきれいに折りたたむことができます。一部のリンクにはシンプルな取り外しボタンがついているので、特殊な工具を使わなくても、リンクを加えたり外したりすることができます。スペースブラックのステンレススチールにはダイヤモンドライクカーボン(DLC)をコーティングし、独特な表情を持たせています。

 

本体のステンレスモデルと同じ素材でできているため、かなりマッチしています。

 

また、独特な光沢を演出してくれるのでApple Watch ステンレスモデルの高級感をさらに高めてくれています。

スーツなどのフォーマルな格好を、さらに際立たせてくるアイテムになりそうです。

 

気になるポイントは、重さと温度。

ぱっと見、かなり重そうに見えませんか?

しかし、つけてみるとわかるが、びっくりするくらいに軽い

 

またステンレス素材であることから、冬なんかは冷たいのではと思っていたのですが体温に近い温度になるため、冷たさなんかは外でも全く感じない。

 

軽くて、冷たくもない。思わず、つけていることを忘れてしまうほど。

 

ただ、ネックな問題としてはかなりお高いこと。

6万円も予算ないよ・・・。

という方が多いはずです。

 

そこでまずはサードパーティ製のリンクブレスレッドを試してみるというのはいい手だと思います。

特にビジネスのシーンでもリンクブレスレッドは似合うので、1つは持っていると安心です。

アマゾンでもリンクブレスレッドに似たものはいくつか発売されているのでチェックしてみましょう!

ミラネーゼループバンド《オススメ度★★★★☆

 

オススメポイント!・本体のステンレスモデルとかなりマッチしている

・つけやすい

・調整しやすい

驚くほど軽い

・サードパーティでも十分

先ほどの純正バンドに続き、こちらもステンレスモデルと同様の素材でできたバンド。

19世紀末にミラノで生まれたデザインを現代的に解釈しました。イタリア製の特殊な機械を使って織り込まれたなめらかなステンレススチールメッシュが、流れるように手首を包みます。ミラネーゼループは完全なマグネット式のため、無限に調節することができ、完璧にフィットします。スペースブラックのステンレススチールにダイヤモンドライクカーボン(DLC)をコーティングし、独特な仕上げにしました。ほかのApple Watchバンドと同じように、サイズが対応するApple Watchケースであれば、どれとでも組み合わせることができます。

 

ステンレススチールリングブレスレットは、光に対してかなり輝くが、ミラネーゼループバンドはそれほど輝きはしません。

むしろステンレスケースのApple Watchに落ち着きを与える印象です。

Apple Watchならではの感じも味わえるのでぜひ持っておきたいバンドです。

マグネット脱着のため、装着や締め付けも簡単に変えることができるのですが、逆にいうと緩みやすいということです。

緩みすぎて腕から落ちそうになるということはないですが、なんというかジャストフィットを維持するのが難しい・・・

 

また、ミラネーゼバンドはApple純正品は黒色であれば2万円越えという高級さ

やはりステンレスで作ると値段はぐんと高くなっちゃいますね。

 

そこで僕はアマゾンに売られているサードパーティのミラネーゼループをオススメします。

 

価格は2000円程度とかなり安価で、品質もかなり高い。

純正とつけ比べたことがあるが、悲しいことに違いは大してわからない。

耐久性には確かに違いがあり、サードパーティ製は汗に反応してだんだんと金属特有の虹色の変色が始まる。

しかし、価格を考えてみてもサードパーティ製ミラネーゼバンドをもう一回買う方がお得だと思います。

 

ちなみに写真でつけているのもサードパーティなんですよ。

純正っぽく見えませんか?

スポーツバンド《オススメ度★★★★

 

オススメポイント!・つけやすい

・ラフな感じを演出できる

・運動に最適

 

意外かもしれないですが、純正のスポーツバンドもかなりオススメです。

カラーバリエーションが豊富だし、何より純正バンドの中でも比較的安いです。

(それでも6000円くらいしますが・・・。)

 

試しに純正のNike+ スポーツバンドを装着してみました。 

やはり黒の色調がかなりマッチしています。

アルミケースとは異なるステンレスケース独特の高級感を損なわない感じがいいですね。

このようにステンレスケースには、マットな感じのスポーツバンドが(色にもよると思いますが)とてもよく似合います。

 

また運動をする人ならば1つは持っていて欲しいです。

運動する場面でステンレスバンドや革製のバンドでは、いくら軽いとは言えやはりちょっと気になる。

また肌触り的にも汗ばんだ腕にステンレスバンドを巻くのはあまりオススメしません。

 

今回紹介したNike+のスポーツバンドは普通のスポーツバンドに比べて見ての通り通気性がいいです。

公式にも

柔軟性に優れた軽量素材に圧縮成型の通気孔を採用。通気性を確保し、丈夫ながら抜群に柔らかい肌触りを提供します。

とあります。

よりハードな運動や水泳などを楽しむ方は、Nike+のスポーツバンドがオススメです。

 

ただどうしても純正だと6000円と割と高価な買い物になってしまう。

そこで僕はサードパーティのスポーツバンドをオススメ・・・したいところではあるが絶対にサードパーティ製のスポーツバンドは購入しない方がいい!

 

何度かアマゾンで売られているスポーツバンドを購入したことがあります。

どのバンドも2000円以内と、純正品の3分の1の価格で購入することができます。

しかし、いずれも軽すぎるし、安っぽいんです。

そしてきわめつけは、肌にべとつく感じがある。

これがかなり不快(ㆀ˘・з・˘)

 

純正のスポーツバンドは フルオロエラストマーという素材を使っている。

スポーツバンドは、専用の高性能フルオロエラストマーで作られているので耐久性が高く、強靭。それなのに驚くほどソフトです。柔軟で高密度な素材があなたの手首を上品に包み込み、快適に肌になじみます。

一方でサードパーティ製のスポーツバンドはどれもシリコン製。

この2つは似て非なるもの。特に肌触りに大きな違いがあります。

シリコンは汗をかいた腕にはべっとり張り付くような、不快な感触を生み出します。

 

またおすすめしない理由でやはり一番大きいのは安っぽさ。

フルオロエラストマーでできた純正のスポーツバンドはApple Watchの高級感を損なわず、それにもかかわらず程よい重さ、硬さがあります。

軽すぎず重すぎない、そして肌触りもいい。文句なしのつけ心地。

 

一方シリコンでできたサードパーティ製バンドは、かなり軽い。

そのため、ペラッペラのバンドが安っぽさを生み出し、Apple Watchに安っぽさを与えてしまいます。

はたから見れば、スポーツバンドの違いはわからないかもしれません。

 

しかし、付け心地や心地よい重さのことを考えると、むしろ3分の1の値段でもサードパーティ製の方が損だと思えます。

それくらいサードパーティ製のバンドはオススメしません。

純正のバンドはどれも高いが、スポーツバンドだけは、純正がいいと断言できる。

第4位 ドゥブルトゥールバンド《オススメ度★★★

 

オススメポイント!・オリジナリティ抜群

・おしゃれセンス抜群

 

エルメスコラボで有名なあのドゥブルトゥールバンドを第4位としました。

もちろんこれは純正品ではありません。

 

正直ドゥブルトゥールバンドは(リンクブレスレットバンドを買っておいていうのもなんだが)バカ高いので買う気が全くしません。

それにエルメスコラボのApple Watchのドゥブルトゥールは38mmしか用意されていないので、どれだけ純正が良くても42mmのものはない。

つまり42mmのApple Watchにドゥブルトゥールバンドを使いたかったらサードパーティ製しかありません。

 

このドゥブルトゥールバンドはそのルックスからかなりの人気を得ているようです。

そのため、アマゾンではこの人気に乗じてかなりチープなものが多く売られています。

そんな中でも僕がお勧めできるサードパーティ製のバンドがこちら。

色合いも多く選ぶことができ、自分の好みの色のバンドを選ぶことができます。

程よい厚みと硬さがあり、つけ心地もバッチリ。

 

ただつけるのに慣れが必要だったり、付け方がおかしいと腕から浮いてしまったりと少し悩むところは多いかも。

かざしてSicaが反応しないときは、だいたい腕から浮いてしまってロックがかかっている時。

ちょっと不便だがおしゃれのためにならと思える人にはオススメです。

 

このドゥブルトゥールバンドはアルミケースのApple Watchにも良くマッチしましたが、ステンレスケースのApple Watchにも良くマッチしています。

高級感そのままに、オリジナリティあふれるバンドがより一層その味を引き立たせてくれています。

 

しかし、このバンドで悩まされてることがあります。それは留め具。

留め具が銀色のため、少しだけミスマッチ感があるんです。

でも正直そんなところ見えません。

上の写真を見て、銀色の部分が目立たないことはわかると思いますl

当然つけている分には自分からも、そして相手からもあまり見えることはありません。

だが、やはりつけている自分としては気になる部分であったためとりあえず書いておきました。

なぜバンドが似合わないのか?

まず、Apple Watch ブラックステンレスケースのバンドランキングに入る前に、どうしてサードパーティ製のバンドが似合わないのでしょうか。

それはおそらく高級感の違いです。

 

ステンレスケースアルミニウムケースの大きな違いは、何と言ってもApple Watch本体の光沢具合。

室内の電気や室外の日光などの光に対して、全く異なる輝きかたをします。

 

Apple Watch アルミニウムケースは名前の通り、アルミニウムで作られています。

アップルがデバイスに採用するアルミニウムの仕上げ方は、iPhone7シリーズのジェットブラックを除き、すべてマットな感じとなっています。

そのため僕が購入したApple Watch Series2 ゴールドアルミニウムケースは、iPhone7までのゴールドモデルやiPad Proのゴールドモデルととてもよく似た仕上げになっています。

僕のiPad Proゴールドモデルと実際に比較してみるとこんな感じ。

光り方がほとんど一緒ですね。

 

これに対してApple Watch Series2 ブラックステンレスケースはiPhone7のジェットブラックと同じような仕上げとなっています。

(素材はアルミニウムとステンレスで異なりますが。。。)

光を美しく反射し、きらめくiPhone7 PlusジェットブラックとApple Watch Series2 ブラックステンレスケース。

なんとも言えない輝き(๑╹ω╹๑ )

 

このようにApple Watch  ゴールドアルミニウムケースとApple Watch ブラックステンレスケースでは、驚くほど異なる光沢をしています。

そのため、

マットな光り方をするアルミニウムケースに合わせて買ったバンドは、煌めきという言葉がふさわしい光り方をするステンレスケースには全く合わず、バンドと本体が浮いてしまっていて統一感がありません。

まとめ

いかがでしょうか。

一年前の記事と見比べて思うことは、ブラックステンレスケースに似合うバンドはかなり少ないですね。

シルバーステンレスだとまた一味違うと思うので、次買い換えるときはシルバーステンレスにしようと思っています。

 

総じてアルミニウムケースと比べて見て、やはりアルミケースの方がカジュアルな感じを楽しめると思います。

良くも悪くもどんなバンドでもアルミケースは似合いますが、ステンレスケースはバンドをかなり選びます。

高級感がありすぎるために、バンドにもそれなりのものを要求している気がします。

 

機能的には何も変わらないので、

  • カジュアルなおしゃれを楽しみたい方はアルミニウムケース
  • 高級感あふれる大人の雰囲気を楽しみたい方はステンレスケース

という感じでしょう。

あなたはどっちのApple Watchが好きですか?


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。