iPhoneXのカメラ性能 やばすぎる件

公開日:      
iPhoneXのカメラ性能 やばすぎる件


お待たせしました!


皆様から多くのご要望を受け、これさえ見ておけば完璧!と言える様なApple製品の選び方を記事にしました!
購入をお考えの方は是非参考にしてください。
※iPhoneについては現在誠意執筆中!もう少しお待ちください(>人<;)

iPhoneXへのネガティブな意見やレビューが増えてきた。
フル画面、そしてガラス機体になったことで衝撃にはかなり弱くなり、にもかかわらず保証料金はかなり高い。

Face IDは精度が高いけど、マスクなんかで認証しなくなる。
暗いところや寝ながらだと顔認証してくれない。
など様々だ。

たしかに僕がiPhone7 PlusからiPhoneXに機種変更しない理由は、Touch IDが消えFace IDに完全移行してしまったことが起因している。
(iPhone8\8 Plusにしない理由は述べなくてもお分かりでしょう。変える意味がありません。)

しかし、iPhoneXはそんなに悪い機種なのだろうか。
悪い点もあるが、反対にいい点も多い。
ユーザーに聞いてもホームボタンの代わりのフリック操作は慣れるとかなり快適だという。

今回は、あまり知られていないiPhoneXのカメラについてお話ししたい。

あなたが思っている以上にiPhoneXは進化を遂げている。
これまでのiPhoneと比較しながらiPhoneXのカメラの魅力を見ていこう。

ポートレート写真が大躍進

iPhone7 Plusから搭載されたポートレート写真の機能。
被写体を認識し、その背景をうまくボカすことでまるで一眼レフで撮ったようなプロっぽい写真が撮影できる。

これは人だけでなく、物でも使える機能なので被写体を際立たせて撮影したい場合にかなり満足のいく写真を撮ることができる。

 

iPhone7 Plusでは被写体の背景をただぼかすだけだったが、iPhone8 Plus、iPhoneXでは自然光やスタジオ照明、輪郭を強調した照明、ステージ照明、モノクロステージ照明の5つの雰囲気の写真を撮ることができる。

実は、iPhoneXはもう一歩先に進んでいる。

iPhone8 Plusは5種類のポートレート写真と撮影することができるが、背面カメラでのみ撮影できる。
つまりインカメラを使用した自撮りではポートレート機能を使うことができない。

一方iPhoneXではインカメラでポートレート写真を撮影することが可能だ。
インカメラでのポートレート撮影を可能にしたのは、何を隠そうFace IDの恩恵だ。

Face IDのためにインカメラにはTrueDepthカメラが搭載された。
画素数はiPhone8/8 PlusのFaceTimeカメラと同じ7メガピクセル(背面カメラの画素数は12メガピクセル)と心許ないが、赤外線を使った正確な被写体検出を行うことができる。

つまりTrueDepthカメラの被写体認識機能のおかげで顔認証もポートレート撮影もできるというわけだ。
自撮りに強いこだわりがある方にはこれはかなり嬉しい新機能と言える。

iPhone8 Plusのカメラとの比較

では、従来のiPhoneとの比較をしていこう。
前述の通り、インカメラでのポートレート撮影ができるのはiPhoneXだけ。
そこが大きな違いと言える。

ビデオ撮影ではiPhone8 PlusとiPhoneXのスペック上の違いは実はない。
だが、iPhoneXのカメラは従来と大きく異なり横配置から縦配置となった。
これにより指が邪魔しない設計となり、カメラのヘビーユーザーはまた一つストレスポイントが減ったと言える。
またiPhoneXは、AR(拡張技術)技術を導入したことによりカメラに新しいジャイロスコープと加速度センサーを搭載した。

じつはまだiPhoneXが優っている点はある。
それは望遠カメラのレンズ。
iPhone8 Plusの背面カメラはf/2.8、それに対してiPhoneXの背面カメラはf/2.4とより明るい写真が撮れるようになった。

さらにiPhoneXは最新のセブンマグネット方式なるものを採用。
これにより、望遠カメラにも光学手ぶれ補正を搭載することが可能になった。
十分な明るさがない朝焼けや影での写真がより一層ノイズを低減し、綺麗に撮れるというわけだ。

手ぶれ補正に関してはiPhone8 Plusにも搭載されているのだが、広角側のレンズのみ対応しており、望遠レンズには対応していない。
結果的に安定して綺麗な写真を撮りたいなら、iPhoneXがかなり優れている。

iPhone7 Plusのカメラとの比較

本来であればiPhone8 Plusのカメラとの比較だけでいいのだが、僕が気になったので一応書かせてもらいたい。

僕は過去にも書いたが、iPhone7からiPhone7 Plusに残債ありの状態で機種変した変人だ。
それほどジェットブラックの色合いとポートレートカメラに惹かれた。

そのiPhone7も今や過去の産物のような扱われ方をしているが、当時の僕からすればポートレートカメラはすごかったし、今でも十分と思える写真を撮れる。

当然世代を重ねるごとにスペックは上がっていくのでiPhone8 PlusやiPhoneXに及んでいるところはあまりない。

まずiPhone7 Plusはスローシンクロ機能に非対応だ。このスローシンクロ機能は暗所でのポートレート撮影には欠かせない。
つまり暗い場所でのポートレートには向いていないのだ。

またiPhone8 Plus/iPhoneXのポートレート機能には5種類のエフェクトでポートレート写真を撮ることができた。

これらのエフェクト加工を施してポートレート撮影を可能にしているのが、ポートレートライティング機能というものだがiPhone7 Plusはサポートされていない。
つまりただ背景をぼかすだけのポートレート写真しか撮れないのだ。

それだけではない。
iPhone8 Plus/iPhoneXはビデオ撮影も進化している。


iPhone7 Plusは4Kのビデオ撮影に対応しているが、30fps動画となっている。
一方でiPhoneXでは24/30/60fpsにサポート、動画の質を徹底的に求めることができるようになった。

また、スローモーションビデオではiPhoneXは240fps/1080p撮影に対応。
かなり高精度なスローモーション動画が撮影できる。

しかしながら、ここまでネガティブな記事を書いていてなんだが、iPhone7 Plusで撮影したポートレート写真、ビデオは十分綺麗だと思える。
この写真はiPhone7 Plusのポートレート機能で撮った写真だ。
ここまで綺麗に撮影してくれるなら文句も何もない。

 

まとめ

ここまででいかにiPhoneXが進化したかわかっていただけただろうか。
写真(特に自撮り)やビデオ撮影にこだわる方はiPhoneXの恩恵が存分に受けられることだろう。

だから僕は言いたい。
iPhoneXをバカにしたり貶したりするのはもうやめてあげて(泣)

進化の過程に欠点はつきもの。
その欠点を補うべく次世代機種は進化していくんだ。
(それにしても脆いとは思うが)

今回の記事はあくまでiPhoneXのカメラの進化のすごさを述べるものであり、
「iPhoneXのカメラはすごいからそれだけでも機種変の価値がある!」
なんていうつもりはない。

僕もiPhone7 Plusのカメラには十分満足している。
写真、動画共に全く不満がない。

それになにより僕はジェットブラックという光沢ある漆黒がアルミで表現できているという感動を覚えてから愛着が湧きすぎてやまない。
おそらくこのジェットブラックに勝る美しさを持つ機種は今後でないと思っている。

話が逸れたが、iPhoneXの進化はカメラ以外にもすごい所が多々ある。
これからのiPhoneやApple製品に期待が必然的に高まってしまう。


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。