日本未発売! HomePodを使ってみた!!

公開日:       更新日:      
NO IMAGE

先日、アメリカのロサンゼルスに行く機会がありまして、ついでに日本未発売のHomePodを買ってまいりました。

(ほんとについでかと言われると怪しいですが。)

▲わざわざ買いに行ったHomePod。袋は特製の紙袋だった。

 

日本未発売とはいえ、大手のサイトなどでは先行レビューが思っていたより見ることができますね。

HomePodレビュー:完璧なアップル製プロダクト(悪い意味で)

アップル「HomePod」レビュー。最初はがっかりな音質、使っているうちに大きく変化

おっと「HomePod」の悪口はそこまでだ、1週間じっくり使い込みレビュー

でも当然ですがまだレビューの数が少ないことと、音に詳しい方達が専門用語を並べている気がしたので、Apple信者の目線から見た本気のレビューをして見たいと思います。

音質に関しては詳しくないので、音楽のど素人っぽいことを書き並べますが、一般の方と同じ目線でレビューしていると思っていただければ幸いです。

 

英語のみの対応だけど・・・

日本未発売の大きな要因の1つは日本語に対応していないことでしょう。

日本語はかなり難しい言語ですからね。

 

僕は英語が全く喋れません。

聞き取ることはできるんですが、どうしてもこう思っていることをうまく表現できないのです。

そんな僕は、アメリカのAppleStoreでなんとかHomePodを購入しました。

 

が、買ってからホテルに戻って

「そういえば、英語の発音とかめちゃくちゃだから聞き取らないじゃん。スマートじゃない・・・」

と気づいてしまったのです。

好きな曲を学習させるのも、HomeKit対応デバイスと連携させるのも、全て英語で指示しなければなりません。

 

つまり英語が通じなければスマートスピーカーではなく、ただのスピーカーとなってしまうわけです。

我慢が苦手な僕はデザリング機能を使用して、ホテルでなんとかHomePodを使える状態にして、

実際にどれだけ英語がうまく聞き取ってもらえるか試して見ることにしました。

 

すると驚くことに、英語さえしっかりしていれば、発音はジャパニーズイングリッシュ調でも聞き取ってくれるのです!

ヘイシリ、ワッツデイイズイットトゥデイ?

ヘイシリ、ターンボリュームトゥーサーティーパーセント?

みたいな感じで、恥ずかしいレベルの発音ですが全く問題なく通じます。

 

また設定は基本的に日本語でできます。

HomePodの近くにiPhoneを置いて置くだけでセットアップも済むので、英語が必要なのは使用している時だけ。

使用するようにするのは全く難しくありません。

Appleが追求するシンプルさの極みです。

▲iOSデバイスをかざすだけでセットアップは終わらせることができる。

 

音質、音量は・・・

大学生の僕はもちろんApple製品に魂を売っているので、お金がありません。

そのため築40年の広々としたぼろ家に住んでいます。

 

そこにHomePodを置いて、音楽を再生するとどうなるかわかりますか?

そう、部屋全体が揺れるのです。

低音が効きすぎていて、床に置いていた午後の紅茶の水面にも波紋ができているほど。

 

低音が効いている曲を再生するにはかなり有能だと思います。

iPhoneとHomePodを繋げて映画を見て見たところ、映画特有の

デューン

っていう音あるじゃないですか?

 

まるで、映画館と同じような感じになります。

音質は高音も低音もよく再生されていて、素人ながらに音楽をこだわっている僕は大満足です。

そして音量も素晴らしい。

おそらく一番うるさくできるお昼時でも音量は2〜30%が限界でしょう。

 

100%の音量を出して見たくて、大学の会議室で100%音量を再生しましたが防音扉なのに丸聞こえでした。

例えるとカラオケボックスから人が出るときにその部屋で流れている曲が聞こえますよね?

あれと同じくらいです。防音扉とは・・・って感じでした。

 

このようになんの不満もないのですが、最初だけ気をつけてもらいたいことがあります。

それは最初低音が効きすぎて曲が潰れてしまうということ。

HomePodを部屋に置いていっときは、曲の高音と低音のバランスがおかしいのです。

 

明らかに低音の方が効きすぎていているんです。

「これは音質いいのか・・・?」

と思っていて数日。

ふとあることに気づくのです。

 

「あれ?いつの間にか音のバランスが綺麗だぞ・・・!」

 

HomePodは部屋の奥行きや物の位置などを把握し、曲をなるべく聞きやすいように調整してくれる機能があります。

つまり部屋を解析し終わるまではバランスがあってませんが、解析が終わると感動するくらいの音質となります。

この解析は自動で行われ、かつ瞬時に行われます。

 

そのため、いつの間にか音質が良くなっていると感じるのです。

試しに部屋の位置を変えて再生して見ると、またバランスが崩れているように聞こえました。

しかし再生して数秒程度で解析が終わったようで、2回目のサビの時にはバランスのいい音質となっていました。

 

気のせい、かもしれませんが音質にこだわっている僕的には十分納得がいっています。

ただ、HomePod含め一般的なスマートスピーカーはモノラル再生

現代のほとんどのイヤホンなどはステレオ再生が一般的なので、臨場感に欠けそうだなと思っていました。

 

しかしHomePodは他スマートスピーカーよりも音質が群を抜いて評価が高い訳あって、モノラルとか全く気にならなかったです。

HomePodは2台同じ部屋に置くと、2台あることを認識してステレオ再生することも可能です。

しかし45000円くらいするスピーカーを2つも買うなんてよほどのこだわりがないとしないでしょう。

また、ずっと使っていて思ったのはこのHomePodの音質でステレオ再生だと酔いそうな感じがします。

 

価格に対して・・・

価格はAppleCare込みで、購入時のレートで45,396円。

アレクサなんかに比べるとかなり高級です。

これほどのお金をかけてかって良かったかと言われれば、僕は後悔してません。

 

かといって誰にでもオススメはしません。

正直色々なポイントがあります。

以下の質問に全てYes!と答えられる方のみ、後悔しないのではと思います。

  • AppleMusicに加入している。
  • スマートさよりも音質にこだわりたい。
  • 英語のみの対応で構わない。
  • Apple製品を集めたい、もしくは統一したい。

ちなみに、オススメされたところで買う方法がないよ!って方はメルカリを覗いてみるといいですよ。

新品未開封で転売されている方がいます。

▲転売されているHomePod。割とリーズナブルで売れている。

 

相場としては48,000〜50,000円程度とアメリカから取り寄せる手間などを考えるとそこまで高い値段ではないでしょう。

僕の場合、アメリカに買いに行きましたからプラス2、30万かかってます。

(HomePodを買うことだけが目的ではなかったのでいいんですけど。)

 

まとめ

HomePodをかって一番苦労するのは、おそらく英語での指示よりも英語の解説を読むことでしょう。

何かしらのトラブルシューティングをする場合、日本では未発売のため海外のサイトから検証する必要があります。

僕は英語読むの得意なので平気なのですが、多分読むのが苦痛な人は多いはず。

英語苦手って方は、日本に対応するまでしばらくおとなしく待っていた方が良さそうです。


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。