それでも僕がSmart Keyboardを使う理由【iPad Proユーザーに伝われ!】

公開日:       更新日:      
それでも僕がSmart Keyboardを使う理由【iPad Proユーザーに伝われ!】

iPad Proを購入すると、Apple Pencilとスマートキーボードを購入すべきか迷いますよね。

僕は毎回セットで購入するのですが、よく「なんでスマートキーボードを使っているの?」と聞かれます。

そこで今回は、最新のSmart Keyboard Folioについても触れながら、僕がスマートキーボードを使う理由をご紹介したいと思います!

それを踏まえた上で購入すべき人はどんな人なのか、僕なりにまとめていますので是非参考にしてください。

スマートキーボードのメリット

スマートキーボードはiPad Proのために特化されたキーボードです。

そのため他社製のワイヤレスキーボードにはない、素晴らしいメリットがあります。

充電の必要がない

他社製のワイヤレスキーボードは電池式だったり、バッテリー式だったり。

とにかく充電する手間があります。

それに比べてスマートキーボードは、iPad Proに搭載されているスマートコネクターに接続するだけで使えるようになります。

電池を交換したり、充電したりする手間がなく、電池切れで使えないなんてこともありません

ペアリングも必要ない

スマートコネクターに接続できるという利点は、ペアリングが必要ないというメリットも生み出します。

通常であれば設定>Bluetoothからペアリングすることが必要です。

それに対してスマートキーボードはキーボードモードにした時点で使えるようになります。

このひと手間がないだけで、だいぶラクに感じます。

簡単に取り外せる

スマートキーボードはiPad Proの中にある磁石とくっついています。

そのためケースのようにがっちり固定されている状態ではなく、少し力を加えれば簡単に取り外すことができるようになっています。

実はこの取り外しが簡単ということは、大きなメリットになります。

 

キーボードケースは重いものが多く、総重量が1kg近くなることもあります。

後悔しないための正しいiPadケースの選び方』で紹介した通り、重いケースをつけてしまうとだんだんiPadを使う機会が減ってきます

 

それに対してスマートキーボードは重さは以下の通り。

スマートキーボード 重さ 一覧表

対応機種 重さ
旧世代12.9インチ 338g
旧世代10.5インチ 244g
旧世代9.7インチ 230g
第3世代12.9インチ 408g
第3世代11インチ 296g

第3世代用のスマートキーボードである『Smart Keyboard Folio』は背面ケースも含んでいるので、多少重くなっても仕方はありませんね。

参考までに僕が以前愛用していたSlim Comboケースの重量は12.9インチで640 gもあるので、それに比べたら軽い方ではあります。

iPad Proが重くなってしまうことに変わりはありませんが、スマートキーボードは簡単に取り外すことができます。

必要な時だけ取り付けることが簡単にできるため、持ち続けるときはiPad単体で、机で使うときはキーボードモードで使えます。

これが僕がスマートキーボードを愛用している理由です。

スマートキーボードのデメリット

一方で他社製のキーボードケースにはない、スマートキーボードならではのデメリットをご紹介します。

第2世代以前は背面が保護されない

スマートキーボードを最初購入することにためらっていました。

その一番の理由は背面がむき出しになって、保護されていないからです。

最終的にApple Pencilを別々で持ち歩く手間も考慮して、スリーブケースに入れて持ち運ぶことでこの問題はクリアして使っていました。

1年間この状態で使ってみて、傷や凹みはありませんでした。

丁寧な使い方をしていれば、割と傷もつかず綺麗に使えるものです。

価格が高い

スマートキーボードは、性能の割に価格が高いと感じてしまいます。

価格
10.5インチ 旧世代スマートキーボード ¥17,800 (税別)
11インチ 第3世代用スマートキーボード フォリオ
¥19,800 (税別)
12.9インチ 第3世代用スマートキーボード フォリオ
¥22,800 (税別)

打点感も普通のキーボードよりもむしろ物足りないくらいですし、文字はげをすることもあるようです。

またキーボードモードにしてもキーボードを認識しないこともありましたし、iPadの調子が悪いと左Shiftキーが反応しないなんてことも多々ありました。

 

アップル信者の僕でさえ、満足して使っていたかと言われれば悩みます。

むしろ軽さを追い求める僕にとって最低限の条件を満たしているキーボードがこれしかなかったという方が的確です。

つまり価格に納得はしていません

コスパを求めるのであればSlim Combo

軽さを犠牲にすることになりますが、コスパを求めるのであればSlim Comboがかなりオススメです。

キーボード部分は分離することが可能なので、軽くすることも可能です。

詳しくは『【iPad Pro】この機能で1万ちょい!あなたの望みを全て叶える最強のケース』でご紹介しています。

ただしSlim Comboは現在旧世代用しか用意されていませんので、ご注意ください。

汚れが目立ちやすい

スマートキーボードの表面はマットな仕上げで、手触りはサラサラでとても気持ちがいいです。

ただその分手汗が目立ちます・・・。

僕は緊張しいなので、ちょっとしたことですぐに手汗をかいてしまいます。

そのため毎日毎日スマートキーボードの触れたところは、拭き掃除をしていました。

 

というか汗が付着した部分が白くなり、汚いので“拭き掃除をせざるを得ませんでした”という方が正確です笑

そこらへんがめんどくさいなぁと一番感じたポイントです。

ただ、汚れ自体はウェットティッシュでふき取るだけで簡単に落とすことができます

Smart KeyboardとSmart Keyboard Folioの違い

これからスマートキーボードを購入しようとしている人向けに、いくつかフォリオタイプとの違いを述べておこうと思います。

対応世代が違う

まず一番の違いとして、スマートキーボード フォリオはiPad Pro第3世代にのみ対応しています。

逆にフォリオでないスマートキーボードは、旧世代(初代・第2世代)のiPad Proのみに対応しており第3世代には対応していません

iPad Proの世代はホームボタンの有無で判断できます。

  • ホームボタンあり:旧世代(初代・第2世代)
  • ホームボタンなし:第3世代

背面保護の有無

第3世代にのみ対応しているスマートキーボードフォリオは、旧世代スマートキーボードでは保護してくれなかった背面をしっかり保護してくれるようになりました。

しかし、これはむしろ当たり前な気もします。

 

というのもiPad Pro第3世代は旧世代とは違い、カメラが異常に出っ張っています。

そのため平らに置くことができません。

またカメラへのダメージも考えると、背面保護はほぼ必須でしょう。

折り目の有無

これまでのスマートキーボードは背面保護がない代わりに、パタパタと折れるタイプでした。

そのためいろんな角度のスタンド機能を使うことができ、スペースもそれほど必要ありませんでした。

 

しかしスマートキーボードフォリオはこの折り目がない、いわゆるブックタイプのカバーになってしまいました。

これまでパタパタタイプで慣れていた僕には、改悪としか思えないほど使いにくさが増しています。

スペースは必要だし、開けにくいし、スタンド機能もしょぼいし・・・。

打点感の向上

これまでのスマートキーボードに比べて、スマートキーボードフォリオはキーを打った時の打点感が増しています

文字入力をした時に確かな“返し”があるので、従来のものよりも安心感があります。

そこは改悪されたフォリオで、最も評価できる点ですね。

スマートキーボードを買うべき人の特徴

すでに紹介した通り、スマートキーボードにしろフォリオにしろ不満点はいくつかあります。

背面が保護されていないことであったり、ブックタイプになっていることだったり。

中でも価格が高いことが一番の問題点です。

 

それでも僕が使い続けているのは、

  • 軽い
  • 簡単な取り外し
  • ペアリングが不要
  • 電池交換/充電が不要

というiPad Proのスマートさを殺さない条件を満たすキーボードがこれだけだからです。

 

他社製のワイヤレスキーボードを使わないのは、バラバラで持ち歩く手間も増えるからです。

つまり

iPad Proとキーボードをコンパクトに管理しつつ、軽さも追い求めたい人がスマートキーボードを購入すべきです。

 

ハッキリいうとスマートキーボードはキーボードとしては、あまりいい製品ではないと思います。

バラバラに持ち歩くことが苦でなければ、キーボードマニアの方からかなり評価されているHHKBを繋いだ方がマシです。

まとめ

今回はスマートキーボードを愛用している僕の本音を交えつつ、いいところ/悪いところをご紹介しました。

結果としてスマートキーボードは

  • ペアリング不要
  • 充電不要
  • 軽い
  • キーボードをバラバラに持ち運ぶ必要がない
  • 取り外しが簡単

という点に魅力を感じる人向けのツールです。

 

高い割に性能は良くはないし、認識しないなどのバグもちょこちょこ発生します。

それでもなお、他のキーボードケースの重さにヘキヘキする僕は妥協して使っています。

フォリオに関しては妥協の極みです・・・。

 

性能を求めるのであれば、バラバラで持ち運ぶ必要がありますがHHKBのような優秀なワイヤレスキーボードを持ち運ぶ方をオススメします。


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。