やっぱり大損?!本気でApple Watch series4を買うつもり?

公開日:       更新日:      
やっぱり大損?!本気でApple Watch series4を買うつもり?


お待たせしました!


皆様から多くのご要望を受け、これさえ見ておけば完璧!と言える様なApple製品の選び方を記事にしました!
購入をお考えの方は是非参考にしてください。
※iPhoneについては現在誠意執筆中!もう少しお待ちください(>人<;)

明日から予約が開始されるApple Watch series4。

前作series3から大きな飛躍もあり、購入を考えている人もいるのではないかと思います。

そこで今回はApple Watch series4に買い換えることが本当に賢い選択か見ていきたいと思います。

Apple Watch series4の新機能

まずはApple Watch series4から提供されることになった新機能をさっと見ていきましょう。

Check!!

  • 画面が約30%拡大
  • S4プロセッサ搭載でseries3よりも2倍早い処理が実現
  • 電気心拍センサー
  • 転倒検出
  • デジタルクラウンにカチカチという感触が追加

一見すると多くの機能が追加されているようにも見えますが、重要な機能であるかどうかを考えてみるとそうでもないのではないでしょうか。

健康に気を使っている方や、体調に不安がある方にとっては重要な機能が追加されていますが万人向けのアップデートとは言えません。

新機能の心電図は使えない!?

さらに注意していただきたいのは電気心拍センサーは日本で使える目処が立っていないということ。

アメリカのアップルのサイトでは『ECG app』と表記されていますが、日本では『電気心拍センサー』と記載されています。

これは機能としては搭載しているけど、計測するためのアプリ(ECGアプリ)が利用できないということになります。

心電図という機能なだけに医療機器関連の申請が必要になるわけですが、この申請も規制も国によって異なるのが現状。

アメリカではFDA(米国食品医薬品局)による認証は受けているようですが、日本での認証はいつになるか明記されていません。

認証が受けられない限り心電図アプリは使用できないので、要はアメリカ以外の国々ではいつから利用できるのかわからないのです。

つまりseries4の目玉機能の1つは失われているも同然なのです。

価格帯が1万円上がる

機能面だけでなく、残念なことに価格帯も向上しています。

Apple Watch series3が発売されていたつい先日までは、GPSモデルであれば36,800円(税別)から、GPS+Cellularモデルであれば45,800円(税別)から購入することができました。

ところがApple Watch series4はGPSモデルは45,800円(税別)からGPS+Cellularモデルであれば56,800円(税別)からとなっており、約1万円価格が底上げされています。

もうApple Watchが3万円で買える時代は終わったのですね・・・。

ではこの1万円の底上げ価格にあなたは十分な価値を見いだせますか?

画面が大きくなった?

series3よりも高速になった?

デジタルクラウンに感触がついた?

どれもこれも、1万円上乗せしてまで買うに値するアップデートではないと思います。

series5を待てばより魅力的な機能を追加して、現在のseries4と同じ価格帯で購入できます。

 

また、画面のサイズがいくら大きくなっても、所詮は時計。

みる場面は限られていますし、だんだんApple Watchでの操作も見にくさからiPhoneに切り替わります(特にミュージック)。

Apple Watch series4はどんな人が買うべき?

series2以前のユーザーの方は買い換えてもいいかも!

これだけ酷評しましたが、series2以前の旧端末をお使いの方はseries4に買い換えるという選択肢はなしではありません。

というのも、series2以前のApple Watchとseries4を比較した時に

 

Check!!

  • GPS+Cellularモデルが用意されている
  • series2と比較すると約3.4倍も性能が上がっている

 

という美味しい点が挙げられます。

特に処理速度が3.4倍向上している点については、これまでのイライラから解放されるには十分なスピードでしょう。

 

また調べたり、実感としてApple Watchは寿命が平均で2年行くか行かないかといったところが妥当だと思われます。

充電の回復速度、バッテリーの持ち時間、処理速度、処理落ちの回数などApple Watchの重要な機能が月日を重ねるごとに悪くなるので、そろそろ買い替えを検討してみてもいいでしょう。

メルカリや中古ショップに売れるうちに売るというのも考え方の1つでしょうね。

series3ユーザーの方は考えたほうがいいかも・・・

前作Apple Watch series3を購入した方はseries4の購入は控えたほうが良さそうです。

というのも、先ほども記述した通り4万円以上するApple Watch series4に買い換えるだけのメリットが見出せないからです。

 

series3からの変更点といえば

  • 画面サイズが大きくなった
  • 処理速度が2倍に上がった
  • 転倒感知
  • 心電図(日本ではいつ利用できるかわからない)

という点です。

series3はseries2と比べて処理速度が実は70%アップしています。

そのseries3からseries4はさらに最大2倍高速化していますが、これが体感できるほどモノなのかは怪しいところです。

公式ページにも最大2倍と怪しい表記がしてあります。

その他機能もよほどのことがない限り、買い換えるメリットとはいえないのではないでしょうか。

Apple Watchを初めて買うにはいいのかも・・・?

これから初めてApple Watchを購入しようか迷っている方にはseries4はオススメできる端末です。

しかしながら価格がやはり張ってしまうので、アルミニウムモデル限定にはなりますがseries3でも大丈夫だと思います。

 

というのも、Apple Watchを初めて使う方の多くはいっときは頻繁に使うものの、ライフスタイルに合わないとすぐ手放してしまわれる方が多い端末なんです。

そのため最初から高級モデルであるステンレスモデルやエルメスモデルに手を出して、使わなくなったから格安で売るしかなくなったとなれば大損です。

まずは実際に使ってみてライフスタイルに合うかどうかを確認するために1、2年くらいはアルミニウムモデルで十分な気がします。

そのためseries4のアルミニウムモデルよりも安いseries3でも構わないと思われます。

 

一世代前の端末だからとseries4を選ぶ方がいらっしゃるかもしれませんが、お財布に余裕があるのであればseries4でも構わないと思います。

ただ、機能として十分な価値があるseries3の方がお財布には優しいということを知っておいてください。

まとめ

今回の記事を通して、series2を利用している僕は買い換えることにしました。

またseries4の実機レビューを兼ねて本当に買い替えた方がよかったのか、実際のデータをもとに考察させていただければと思います。

あなたのApple Watch series4購入の参考になれば幸いです。


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。