マスクをしていてもFace IDを反応させる方法

公開日:      
マスクをしていてもFace IDを反応させる方法


お待たせしました!


皆様から多くのご要望を受け、これさえ見ておけば完璧!と言える様なApple製品の選び方を記事にしました!
購入をお考えの方は是非参考にしてください。
※iPhoneについては現在誠意執筆中!もう少しお待ちください(>人<;)

iPhoneXS以降の機種から、Touch IDがついに廃止されました。

これにより嫌でもiPhoneを使う以上はFace IDとともに歩まねばなりません。

これからFace IDを使う人も、今使っている人もFace IDの精度にはおそらくガッカリすることになるでしょう。

でも大丈夫、実はFace IDの精度はあげることができるんです!

これからの季節マスクが手放せなくなると思うので、精度を上げてマスクをつけていてもFace IDが認識してくれるようにしましょう。

マスク越しでも認識させるには・・・。

まずはマスク越しにFace IDが認識して僕の顔にAnimojiが適応されているのをご覧ください。

なお、ツイッターでは「Youtuberしようかな」とか言っていますが、顔出しに勇気がありませんのでサングラス(の絵)をつけさせてもらってます笑

Face ID マスク

ここで注目してもらいたいのは、Animojiが反応しているタイミング。

マスクをズラしていますが、完全に外してはいないですよね。

ではどこまでズラせば、Face IDは反応するのか。

 

それは鼻の先端より下です。

Face IDは目の他に鼻の先端の奥行きを調べているようで、鼻の先端を隠すとどうやっても反応しません。

 

今お手持ちのiPhoneX、もしくはiPhoneXSでマスクを鼻の下につけた状態でFace IDが反応するか試してみてください。

どうですか?反応しますよね?

 

反応しない?待って待って、諦めないで!

反応しないからといって、マスクを外して認証していませんか?

それが大きな間違いです!

Face IDは学習する

Face IDでロックを解除しようとするとき、なかなか認証しないとパスコードを打つ画面が出てきます。

これをめんどくさがって、みんなマスクを外すのですがめんどくさがらずにパスコードを打ってください!

 

Face IDは顔認証がうまくできないとき、パスコードを入力することで「あ、この顔もユーザーの顔なんだ!」と認識していきます。

つまり顔についてのデータを増やしていくんですね。

 

これを利用して、マスクをつけた状態でパスコードを打つことでマスク姿も顔のデータとしてiPhoneX、XSに覚えさせてあげることができるんです。

何回かパスコードを打てば、ほぼほぼ完璧に(鼻の先端より上につけたらダメだけど)マスク姿でも認識してくれます。

『もう一つの容姿を設定』は意味がない

iOS12からは『設定』の『Face ID』項目に『もう一つの容姿を設定』という項目が追加されました。

もう一つの容姿を設定

この機能はもともとパートナーや子どもに貸す方など2人以上で1つのデバイスを共有できるように追加されたものです。

この設定をマスク姿で行えば、マスクの容姿を登録できると思いませんか?

しかし、これではうまくいかないんです。

試しにやってみると、『顔の認識が妨げられています』と表示され顔認証設定が行えません。

顔認証 マスク

そのためロック画面でFace IDにマスク姿を学習させた方が手っ取り早いのです。

友達にFace IDを体験させるのは危険!

このようにFace IDをパワーアップさせ、マスク姿でもゴリ押しで突破する方法があります。

しかしこの方法、いっときとはいうもののパスコードを打つ作業が必要です。

このパスコードを打つことで、「新しい顔の情報として記憶する」わけですがこれが結構危険なわけです。

 

というのも、友達とかにiPhoneを貸すと当たり前ですがFace IDは反応はしますが認証しませんよね。

イライラしまくったiPhoneXとの一年間。毒舌徹底レビュー 」でもお伝えした通り、Face IDは認識の精度こそ何があるものの認証精度はかなり高いですから当然です。

しかしここであなたがパスワードを入れてしまうと、認証しなかった友達の顔も「新しい顔の情報」として記憶してしまうのです。

これを回避するには一回iPhoneをスリープさせるか、あなたの顔で認証すれば大丈夫です。

まとめ

今回のまとめをすると、

Check!!

  • マスクは鼻の下まで下げる
  • うまく認証しなくてもパスコードを打ってロック解除するようにする
  • 他人の顔でFace IDを試した後はパスコードを打たない

ということになります。

ただしマスクをして認証するということは、他の誰かがマスクをしてFace IDを使用すると突破されるリスクが若干増します。

まぁ便利さに「背に腹はかえられぬ」ということで、これから寒くなるので是非ともお試しください。


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。