【絶対欲しくなるレビュー】Apple Watch series46つの進化

公開日:       更新日:      
【絶対欲しくなるレビュー】Apple Watch series46つの進化


お待たせしました!


皆様から多くのご要望を受け、これさえ見ておけば完璧!と言える様なApple製品の選び方を記事にしました!
購入をお考えの方は是非参考にしてください。
※iPhoneについては現在誠意執筆中!もう少しお待ちください(>人<;)

発表会でApple Watch series4が発表されたとき、買い換える気はなかったんです。

series2の性能で十分だったし、動作が遅い以外は大した不満もなかったし。

心電図機能なんて、まだ若い僕にはちっとも必要性がなかったし。

だから『やっぱり大損?!本気でApple Watch series4を買うつもり?』なんて記事が書けたんだと思います。

今回は、そんな過去の自分のぶん殴る勢いで、3週間ほど使用したレビューを書いていきます。

画面が30%拡大→感動の操作性

Apple Watch series4

「画面が30%も大きくすることができました!」

発表会でそう言われたとき、

「42mmで十分なサイズだから別にどうでもいいな」

と思っていました。

 

しかし実際につけてみると、画面のサイズが大きいことで操作性は抜群に良くなっていました!

今では42mmのApple Watchでさえ小さく感じてしまいます。

 

毎回「ああぁ、画面でかいなぁ」と感じるのはパスコードを打つとき。

写真では分かりにくいかもしれませんが、文字盤がかなり大きいのでパスコードもぺぺっと打ててしまいます。

こんな地味なところですが、そのほかのアプリの操作性も抜群に向上しています。

 

またこれにより、写真を文字盤にすることが楽しくなりました。

画面が大きいことでより鮮明に画像が映し出されるので、日にちと時間だけが表示されたシンプルな文字盤がかなり整って見えます。

大画面のApple Watch series4

オリジナルの『Infograph』文字盤→表示される情報が多い

Apple Watch アプリ

画面が大きくなったことにより、新たに追加された『Infograph』という文字盤。

リークされたとき、そして発表会で登場したときに「情報詰め込みすぎじゃないか?」と思ったのですが、表示される情報量の多さは便利さと直結していました。

Apple Watch series4 文字盤 『Infograph』

公式の文字盤はこのようになっていますが、合計で8個もの情報を表示できます。

現在僕はこのような文字盤で使用しています。

『Infograph』 例
  • 左上:バッテリー
  • 右上:気温
  • 上部:カレンダー
  • 左:地球の様子
  • 右:月の様子
  • 下:アクティビティ
  • 左下:タイマー
  • 右下:ミュージック

最初のうちはこれだけあると、何が何だか分からなくなりますが使っているうちにテキパキと使えるようになります。

以前使っていたseries2を見ると、表示されている情報が少なく、いちいちアプリを開かなくてはならないことにめんどくささを感じてしまいます。

バッテリーの持ちがいい→バッテリーの心配が皆無

Apple Watch series4 バッテリー

実は文字盤に表示されている情報が多い、というのはバッテリーの面でも大活躍しました。

入手した直後は遊びたくて色々な機能を使ったので、バッテリーの持ちは非常に悪く1日に1回充電しなければなりませんでした。

 

しかし慣れてくるとそれほど遊びもしなくなり、使うときにしか使わなくなります。

そして大体の使用目的は『Infograph』文字盤を見ることで解消されたり、文字盤から立ち上げることで解消されるようになりました。

よく考えてみるとApple Watchの機能って限られていて、そもそも8つも情報が表示されていたら大体のことはできてしまっていると思うんですよね。

なのでジムに行った日でさえもバッテリー残量が55%だったりします。

 

ちなみにセルラーモデルでこのバッテリーの持ちはすごいです・・・。

iPhone、iPad、Apple Watchなんでもそうですが、ネットに接続してからのバッテリーは急速に減ります。

それはしょうがないとして、この小さな機体でセルラーモデルなのにも関わらず、ここまでバッテリーが持つことに感動しました。

セルラーモデルは便利→series3よりも圧倒的に

Apple Watch series4

僕は『Apple Watch Series3は大損?!今こそSeries2を買うべき理由』に書いた通り、series3が発売されたときでもseries2を使い続けました。

それはseries3のデメリット

  • セルラーを使わない
  • バッテリーの持ちが悪い
  • 高い

に目が行ってしまったからです。

 

今回僕が買ったのはseries4のステンレスモデル。

アルミニウムではなく、ステンレスにしたのはアルミには戻れないような魅力に取り憑かれてしまったからです。

ステンレスモデルはセルラーしかないので、どうせあるならと使ってみたところ、

そもそもセルラーは電話のために搭載されたんじゃない!

と思うようになりました。

 

今の時代、特に僕らの世代は電話よりもLINE通話の方がはるかに頻度が多いです。

だからiPhoneを置いてきた状態で電話を受け取るという状況はあまりありません

 

僕がセルラーに感動したのは、ジムでストリーミングの音楽が聞けることです。

今までであれば決まったアルバムやプレイリストをApple Watchの中に保存して、トレーニングをするときに再生していました。

これでも僕は満足だったんですが、だんだんと曲に飽きてくるんですよね。

で、新しいアルバムやプレイリストをApple Watchに保存するにも、充電器に繋がないといけないし、時間かかるし・・・。

結局めんどくさくてそのままにするんですよね。

セルラーにしたことで、毎回新しい曲を聞けるのは新鮮味があってトレーニングも一層楽しめます!

 

それでいてseries3よりも

  • バッテリーの駆動時間が長い
  • 処理速度が2倍向上している
  • 画面がでかい

というメリットがseries4を買うにはすでに十分すぎるメリットだと思います。

動作が軽い→ワークアウト、ミュージックで感動

Apple Watch series4 S4チップ

series3と比較した場合、series4の処理速度は最大で2倍向上しています。

これが従来僕が使っていたseries2と比較すると3.4倍もの差になります。

毎回サクサク動くApple Watchに感動するばかりです。

 

特にワークアウトとミュージックの動作が軽い。驚くほど軽いです。

series2ユーザーはわかると思いますが、アプリが起動するまでに時間がかかり、下手すると起動中に落ちます。

そしてやっとこさ起動しても、カクカクしてるし、タップに反応しないしで操作性はかなり悪かったです。

でも必要十分ではあったのでそれでもよかったのです。

だからseries3の操作性では、買う理由になりませんでした。

 

ではいざseries4を使ってみるとどうか。

「感動」以外の言葉に表せないほどサクサク動きます。

改めてseries2の操作性の悪さに気付かされるほど。

 


ワークアウトアプリも、ミュージックアプリも瞬時に起動し、落ちません。

ぬるぬる動くし、タップしてもすぐ反応します。

 

もうアプリの起動に待たされなくて済むんです。

曲を再生するのにイライラしなくて済むんです。

 

これだけでかなりの買うメリットだと思います。

Siriの起動方法がいい→コツさえつかめば最高の体験

Apple Watch series4 Siri

最後にSiriの感動体験のお話をさせてください。

今までであればSiriを起動するのに、Apple Watchに「Hey Siri」と呼びかけなければなりませんでした。

街中でやるには恥ずかしいし、(おそらく声紋認証がついていないため)友達の「Hey Siri」にも反応しちゃうし。

精度としてはイマイチというか、結局使わない機能でした。

 

それがseries4からは腕を持ち上げ、Apple Watchを口元に近づけるだけでSiriが起動します。

この機能のいいところは、ミュージックアプリで発揮されます。

「こんな曲聴きたいな」

と思っても、Apple Watchは曲を探すのは不向きです。(それならiPhoneで操作した方が断然早いし、便利です。)

series4なら腕を持ち上げてSiriに「楽しい曲かけて」というだけで、適切な曲を拾ってきてくれるんです。

もちろん「〜の曲かけて」みたいな特定の曲やアルバムの再生でも大丈夫です。

 

セルラーモデルであれば、なおこの恩恵を受け取れると思います。

ジムにいるときなんか最高です。

ランニングしながら話しかけるだけで曲を気分に合わせて再生してくれますから。

 

まぁ実際この機能も精度は微妙なところはあるのですが、

  • 腕を持ち上げる高さをある程度取ること
  • 最初の一言目をはっきり発音すること

で割と反応してくれることが最近わかりました。

もちろん頼んでないのに起動してしまうときもあるんですけど・・・。

まとめ

買い換えようかなぁと迷っているユーザーにオススメできるポイントをも一度推しておきます!

 

Check!!画面が大きくなったので操作しやすいし、見やすいです!

動作が爆速です!

セルラー機能はなかなかいいです!

バッテリーの持ちはセルラーモデルでも心配いりません!

Siriの使い勝手が最高です!

これだけで買う理由は十分です!

series2ユーザーは特に買い換えるべきです!この操作性にお金を出す価値はあります

 

series3ユーザーにも、僕は買い替えをオススメします。

理由はただ1つ、バッテリーの持ち。

セルラーであればかなり早く消耗してしまうのではないでしょうか?

不満がなければそのままで構わないと思いますが、不満があるようでしたら買い換えてみると感動するかもしれません。

 

確かに日本では心電図機能は使うことができません。

でも本当に使うのその機能?と言われれば特段使いません。

そんなものデメリットでもなんでもありません。

とにかく操作性と画面の大きさがメリットの塊です!!

 

今回Apple Watch series4を購入しようとしている人のお財布の紐が、少しでも緩められたなら幸いです笑

このApple Watchはできるやつです!


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。