【Apple速報】Apple Special Event 10月30日開催 新型iPad ProやMacBookに期待!

公開日:      
【Apple速報】Apple Special Event 10月30日開催 新型iPad ProやMacBookに期待!


お待たせしました!


皆様から多くのご要望を受け、これさえ見ておけば完璧!と言える様なApple製品の選び方を記事にしました!
購入をお考えの方は是非参考にしてください。
※iPhoneについては現在誠意執筆中!もう少しお待ちください(>人<;)

連日開催されると予測されていたApple Special Events。

つい先ほどAppleが10月30日午前10時(日本時間の同日23時)に開催すると発表しました。

場所はニューヨーク

Brooklyn Academy of Music, Howard Gilman Opera House

今回の発表会の会場はニューヨークのBrooklyn Academy of Music, Howard Gilman Opera Houseです。

2ヶ月連続の発表会はiPhone7とMacBook Pro(Touch Barモデル)が登場した年以来2年ぶりですね!

AppleParkのスティーブジョブズシアターで行わないのは意外でした。

【公式ページ】Apple Special Event

メディアごとに異なる招待状

Apple Special Events 2018 10月

今回の発表会の招待状が配布されましたが、メディアや招待する人でデザインが分かれているようです。

Apple公式サイトでもリロードするたびにロゴマークが変化します。

いちいち確認するのがめんどくさいって人向けにギャラリー作成しました!

下の方に掲載しているので、見たい人はどうぞ!

新型iPad ProやMacBookに期待

今回の招待状を見る限り、クリエイティビティを重視しているように感じます。

これは連日リークされまくっている新型iPad Proが出るとしか思えません。

事前にこれまでのリークなどを復習しておくといいと思います!

【2018年最新予想】新型iPad Proは全面フルディスプレイで10月予約開始か?! 

 

またiPad Pro以外にも廉価版のMacBookモデルとされており、現在スペックの割に高いと言われている12インチMacBookの代わりになるモデルが登場することが期待されています。

さらに4年もアップデートされずほったらかし状態のMac miniの最新版も発表してもらいたいところ。

いずれにせよ、今回の発表会でもお金が吹っ飛びそうな製品が出ることは間違いありません!

 

ただ今回の発表会は深夜ではないので、無理やり起きている必要はなさそうです笑

まぁワクワクして寝れなくなるんでいつやっても結局は寝不足になるんですけどね!

ギャラリー

Apple公式サイトから確認できたのは全10種でした。

Apple Special Events 2018 10月 Apple Special Events 2018 10月 Apple Special Events 2018 10月 Apple Special Events 2018 10月 Apple Special Events 2018 10月 Apple Special Events 2018 10月 Apple Special Events 2018 10月 Apple Special Events 2018 10月 Apple Special Events 2018 10月 Apple Special Events 2018 10月 Apple Special Events 2018 10月


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。