【レビュー】iPad Pro第3世代 使ってわかった11のポイント

公開日:       更新日:      
【レビュー】iPad Pro第3世代 使ってわかった11のポイント

ソフトバンクで一悶着あったiPad Pro第3世代。

ようやく手元に届き、ここ数日遊んでみました。

【iPad】ソフトバンクで買う3つのメリットと5つのデメリット

 

するとこれまでにない変更点やいくつか気になったことがありましたので、今回はこの「気になったポイント」をシェアしたいと思います。

これから購入しようか考えている人の参考になれば幸いです。

なお今回はiPad Pro第3世代のレビューに特化させてもらいました。

 

基本性能などは

【第3世代】新型iPad Pro 新機能やスペックを徹底解説。これは買うべきです!

にまとめていますので、ぜひご覧ください。

初代iPad Proと比べると、処理速度はかなり満足

3年前に発売され、これまでの大学生活の苦楽をともにしてきた初代iPad Pro。

今回購入したiPad Pro第3世代と比較してみると、動きにはかなりの差がありました。

 

ノートアプリのページをめくる、写真をスライドする、イラストを描く。

どんな処理でもヌルヌル動いている感じがたまりません。

実際にホーム画面をスライドさせる比較動画を撮影してみましたので、ご覧ください。

初代iPad Pro

新型iPad Pro第3世代

これはProMotionテクノロジーが搭載されているかどうかの違いによります。

PromMotionテクノロジーが搭載されている第3世代は、筆記スピードもより自然に感じます。

絵を描く人や、ノートがわりにiPad Proを使いたい人にとっては、とても強い味方になります。

第2世代iPad Proでも十分速い

ただこれは比較している対象が初代iPad Proだから感じる点でしょう。

第2世代のiPad Proが発売されたときにも、同じ感動を味わった覚えがあります。

「初代より全然ヌルヌル動く〜!」って。

それもそのはず、ProMotionテクノロジーは第2世代のiPad Proにはすでに搭載されているからです。

 

また、スペシャルイベントでも比較対象は初代iPad Proでした。

処理速度が初代と比べて約2倍向上したようですが、第2世代と比較すればあまり違いはわからないと思います。

処理性能が向上した点を評価して購入するのであれば、一旦第2世代(現在発売されている10.5インチ)のiPad Proと比較してみることをオススメします。

USB-C搭載は「よくやった」の一言

Lightningコネクタを廃止したことにより、iPad Proはタブレットの域を超えパソコンの域に片足を突っ込みました。

USB-Cにしたことで、変換アダプターさえあればなんでも繋げられるようになったことはかなりのメリットです。

※USBは変換アダプタで繋げられますが、データを移したりはできなさそうです。

 

この恩恵は、特にMacBook12インチやMacBook Proを購入している人にはありがたいのではないでしょうか。

次第にUSB-Cコードに統一されていき、ゴチャゴチャしていたコード類もやっと片付きそうです。

特に変換アダプターをUSB-C専用だけに統一できるのはありがてぇ・・・。

写真の読み込み速度はかなり早い

僕は最近オリンパスのカメラを購入したので、パシャパシャ撮影してはパソコンでよく編集しています。

ところが、今回iPad ProがUSB-Cになったことを受けて、純正の『USB-C – SDカードリーダー』を購入しました。

usb, c,SDカード

 

USB-C – SDカードリーダー

価格:¥4,500 (税別)

SDカードをアダプタに挿して、iPad Proに挿すとなんと瞬時に写真アプリが起動

読み込む写真をポンポン選択できます。

さらにスライドしてもスラスラとプレビューできるので、全くイライラしません。

驚くのはRAWデータでもサラサラ〜と表示するところです。

読み込みも本当にRAWデータ処理してる?!と思うほどテキパキと完了します。

これまでカメラと一緒に重いMacBook Proを持ち歩いていましたが、これからはiPad Proとカメラだけで十分そうです。

黒板に引っ付く(ホワイトボードはダメ)

これは半分ネタのような感じもしますが、102個もマグネットがついているため黒板やホワイトボード、冷蔵庫などにひっつきます。

塾で数学を教えている僕はすごく重宝します笑

いちいち教壇を振り向かないでいいですし、手で持つ必要性もありません。

一応ホワイトボードでも試してみたのですが、摩擦力が少ないのとマーカーの油分でヌルヌル滑ってダメでした。

板状なので、携帯性はバツグン!

今回のiPad Proはこれまでのものと違い、形が板状になりました。

色合いも相まってiPhone4を彷彿とさせます。

角ばっている機体は、これまでの丸みを帯びたiPadよりも持ったときの安定感があります。

 

iPad Pro第3世代の12.9インチモデルは、画面サイズ自体は変わらないのですが機体サイズが小さくなりました。

以前も12.9インチを使っていた僕は、画面もなんだか小さく感じました。

ベゼルが狭いのでちょっと描きにくさがありますが、これは慣れでしょう。

Face IDの精度はなかなか素晴らしい

iPhoneXを使用している僕は、不満を言いつつもTouch IDに比べたらFace IDの方が好きです。

(緊張しいで良くて汗をかいてしまって、認証してくれません・・・泣)

そんな僕が今回iPad Pro第3世代のFace IDを使用して一番目の感想が、

「最高うううううう!」

 

どの向きでも認証してくれるし、スピードも問題ありません。

Face IDに不安がある人は、まずiPad Pro第3世代から使い始めてみればと言いたくなるほどです。

ただ、顔認証のカメラの位置がどこかわからなくなることがよくあります笑

指で隠してしまっていることが多いのですが、そんなときは「カメラが覆われています」と教えてくれます。

【よく考えて!】今までのiPad Proと変わらない

使ってみて、その処理速度やFace IDなんかは楽しむことはできました。

ですが、よくよく考えてみると以前持っていたiPad Proとできることはそう違わないことがわかってきます。

フルディスプレイやApple Pencil第2世代に魅力を感じて購入しましたが、使い勝手は今までとそう大きくは変わらないと思います。

購入すべき人は限られているかも

つまり、今回のiPad Proを購入して幸せになれる人は

  • 今までiPad Proを使っていて、なおかつ使いこなせていた人
  • 絵を描くことにこだわりたい人
  • 処理速度にこだわりたい方

に限られるのではないかと思います。

 

特に重要なのが、旧世代のiPad Proを使っていたという点。

これから初めてiPad Proを購入する人が、第3世代から手をつけるのはコスパが悪いと思います。

1世代前のiPad Pro10.5インチでも十分な性能はありますし、価格も第3世代に比べると安いです。

 

第3世代に予算が割ける人は購入しても大丈夫だと思いますが、キツキツな状態でわざわざ買う必要はないでしょう。

なんて言ったって新機能がそれほどありません。

使い勝手はこれまでのiPad Proと全く変わらないと思ってもらって大丈夫です。

【改悪?】以前は感じなかった不満点

保護フィルムが必須かも

今回保護フィルムが届く前にiPad Proが到着したので、フィルムなしでApple Pencilを試すことにしました。

いざiPad Proにペン先を置くとなめらかな書き味・・・とはなりませんでした。

皮脂の関係もあるのかもしれませんが、ヌルッッとする場所もあれば、ガリッと嫌な感触がする場所もあったり、とても不安な描き心地でした。

これに関しては人によって違うのかもしれませんが、僕はこの経験から保護フィルムは必須だなと思いました。

 

しかし現状でiPad Pro 第3世代対応を謳っていながらも

  • サイズが違う
  • Face IDが反応しない

などのクレームがいくつかの保護フィルムで確認されています。

 

今回僕が購入したiPad Pro保護フィルムはしっかり対応しており、サイズ、Face IDともになんの問題もありませんでした。

これまでにiPad Proにガラスフィルムを貼っていた方なら、特に問題なく使えると思います。

実際このフィルムを貼ってApple Pencilを試したところ、嫌な感触はありません。

裸のiPad Proに書き込むのは、当分僕にはできなさそうです泣

iPad Pro,第3世代,保護フィルム

Nimaso iPad Pro 12.9 インチ(2018秋新型)用 強化ガラス液晶【日本製素材旭硝子製】

クリーナーセットが豊富で、貼りやすさも抜群!

さらに万が一貼るのを失敗してしまっても、36ヶ月保証で交換してくれるという良心サービスアリ!

これでまず間違い無いと言える一品です!

カメラの出っ張りがひどい

最初見たときから思っていたのですが、カメラの出っ張りが異常です。

今までは真っ平らな机にペタッと置けていたのですが、カメラの分だけ浮き出てしまいます。

この不安を抱えながら、iPad ProにApple Pencilで描いているとかなりヒヤヒヤします。

カメラが出っ張っているのでそこに圧力が集中していると思うと、結構怖いです。

スマートキーボードフォリオの使い勝手は悪い

最後にiPad Pro第3世代用のスマートキーボードについてですが、僕はあまりこのケースが好きではありません

その理由は折り目が少ないから。

旧世代のiPad Proのスマートキーボードのカバー部分と、新しいスマートキーボードのカバー部分を見比べてみてください。

第3世代のスマートキーボードは表面の折り目が全くないですよね?

これにより、

場所を取る

という最大のデメリットが生じます。

 

カバーを広げる際は、初代ではパタパタとコンパクトにたためましたが、第3世代はグルンと一回りさせなければなりません。

さらに第3世代はキーボードモードにしかすることができないため、キーボードの分のスペースが必ず必要です。

初代スマートキーボードではできた様々なスタンド方式ができなくなってしまったのは、かなり不便です。

▲初代ではできたスタンドモード。第3世代では折り目がないため、このスタンド方式ができなくなっている・・・。

まとめ

今回はiPad Pro第3世代をいっとき使ってみてのレビューをしてみました。

要点をまとめるとこのようになります。

  • ★これまでのiPad Proと使い勝手は変わらない!
  • 処理速度は満足できる
  • USB-Cは変換アダプタさえあればMacBookとの相性もいい
  • 持ちやすい形状
  • Face IDは使いやすい
  • 保護フィルムは必要そう

 

結論として、オススメできるかどうかと言われればオススメできます!

ですが、使いこなせそうかと聞かれれば

  • 旧世代を使ったことがあるか
  • iPad Proで何をしたいのか

を重要視した方がいいと思います。

どうしても第3世代でなきゃいけない理由、というのは相当ハードな使い方をしない限り見当たらないと思います。

いっとき使ってみて、新しい発見などがあったらレビュー記事を増やしていきたいと思います。


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。