【半年レビュー】HomePodに期待していいこと/ダメなこと

公開日:      
【半年レビュー】HomePodに期待していいこと/ダメなこと

月日の流れは早いもので、HomePodを我が家に迎えてから早くも半年が経過していました。

今では僕の生活をかなり便利にしてくれています。

さて今回はその半年間で感じたことなどをレビューしていきたいと思います。

結論から言うと、HomePodは全く必要ないと思います。

できることに期待してはダメ!

HomePodはただのスピーカーにSiriがついただけ。

この認識で間違いはありません。

スマートなのかどうなのかはさておいて、あなたはSiriを活用していますか?

 

僕はSiriをよく利用しています。

利用するコマンドは

・天気/気温の確認

・時間の確認

・曲の再生/スキップなど

・HomeKitデバイスの操作

・iPhoneを探す

くらいです。

 

つまりSiriを利用する場面や使うコマンドというのは、大体固定化されてくるということです。

おそらくSiriが賢くなって色々できるようになってもこれは変わりません。

例えば先日のアップデートで電話機能が搭載されたり、複数のタイマーがセットできるようになりました。

しかしこれらの機能は一切使っていません。

アップデート後いっときは遊びましたが、結局アップデート前と使う目的は一緒です。

 

スマートスピーカーができることはたくさんあっても、使う機能は限られてくる。性能の多さに期待してはダメ!

Siriの認識は期待してOK!

HomePodは上部に指を置くだけでSiriが起動しますが、「Hey,Siri」と言ってSiriを起動することがメインになります。

自宅で誰もいないので、別に恥ずかしいことは何もありません。

 

このヘイSiriですが、購入した当初は認識性能に疑問を抱いていました。

なので、どれだけ遠くから話しかけたら反応しなくなるのかテストしてみました。

 

すると結果は驚き。

16畳ある部屋の端から端までは、普通の声の音量で認識してくれました。

一般的な家庭であれば、普通の声で反応してくれるのはまず間違い無いと思います。

 

また、現在英語のみの対応ですが、イントネーションがしっかりしていなくても認識してくれることが多いです。

(でもやっぱりRとLの発音は大事かもしれません。)

HomePodの認識性能は期待してもいい!また大体のことなら、発音が悪くても聞き取ってくれます!

HomeKitとのコラボは期待してOK!

HomePodをはじめとしたスマートスピーカーを購入したのであれば、やはりIoTを活用したいところ。

そこで導入したのがPhilips Hue Goです。

Philips Hue(ヒュー) Go スマートLEDライト

価格:¥ 7,918

※使用するにはブリッジと呼ばれるワイヤレス中継機が必要です。

 

HomeKitに対応しているため、HomePodだけでなくiPhoneやApple Watchからの操作も対応しています。

ライトの色は1万6千色に変化させることができますが、正直使うライト色は3〜4色に限定されてきます。

 

このPhilips Hue Goは間接照明としてかなり有効に活用できます。

僕の場合、寝る前はHue GOを枕元に置いて、読書をしています。

寝る時には「Turn off the right.」と、HomePodに話しかけるだけ。

特に手を伸ばしたりする必要はなく、ベットでウトウトしながらでも操作できるのはかなり便利です。

 

価格を見ると、ただの照明にしてはかなり高いと思いますが、声だけで操作できるライトは確かに僕の生活を便利にしてくれています。

 

「ただいま」

「おやすみ」

「集中したい」

ただこれを言うだけで、適切な色のライトをつけてくれたり、消してくれたり。

HomePodなどのスマートスピーカーを購入した際は、ぜひこのPhilips Hueも視野に入れてみてください!

HomePodとPhilips Hueのコラボレーションはかなり期待していい!高いけど・・・。

必要性は期待しちゃダメ!

さてここからは実際に使って感じた不満点を交えながら、僕なりの考えをご紹介したいと思います。

物珍しさに食いついた人柱の泣き言だとでも思って聞いてください・・・。

 

半年間使ってHomePodの存在は僕の中では欠かせないものになったか。

と聞かれたらおそらくそんなことはありません。

例えば盗まれて困るかと聞かれれば、Apple Watchを盗まれた方が10000倍困ります。

 

また(僕の中では割と満足していますが)、高音質スピーカーとしてはモノラルなので迫力に欠けます。

Siriでできることは(次第に使うコマンドが限定されてくるとは言っても)、他スマートスピーカに比べてみるとかなり少ないです。

スマートでもなければ、スピーカーとしても怪しい。

アップル製品でありながら、実はとっても微妙な製品なんです。

 

実際僕がHomePodの良さというか、便利さを実感したのはHomeKitデバイスであるPhilips Hueを導入してから。

つまり

HomePod単体で便利さを感じたことはほとんどない

わけです。

スマートスピーカー自体必要ない

そもそもの話なのですが、HomePodだけでなくAlexaやGoogle Homeなどのスマートスピーカーにはどれだけの必要性があるのでしょうか。

多分それほどの必要性はありません。

便利に活用することできるとしても、それは痒い所に手が届く程度でiPhoneのような必需品にはならないでしょう。

スマートスピーカーと呼ばれるものはすべて、無駄遣いそのもの。

コストパフォーマンスに期待しちゃダメ!

HomePodはAirPlay2の機能で、iPhoneなどからワイヤレスで曲を再生することは可能です。

が、メインの使い方としてはHomePodに話しかけて、HomePod単体で曲を再生すること。

ですが、この使い方をするには

Wi-Fi回線の整備

Apple Musicへの加入

が必須条件となります。

 

つまりそれだけお金がかかります

特にWi-Fiなんかは少しこだわった方がいい気がします。

ソフトバンクで契約した我が家なネット環境だと、途中でHomePodが曲の再生をやめてしまったり、Siriの認識がかなり遅くなったりします。

正直そうなるとイラッとします。

 

  • Siriでできることはそれほど多くない
  • スピーカーとしても(こだわる方には)微妙
  • HomeKitがあって便利さを初めて実感
  • Wi-Fi環境の整備が必須
  • アップルミュージックへの加入が絶対条件

という点を考えると、HomePodの代金だけではなくさらに多くのコストが必要になることがお分かりいただけるかと思います。

なのでお金ないなぁと思っている人がHomePodを購入しても、さらに多くのものやサービスを必要とするので、余計な出費が増えます。

気持ちとしてはかなり高価な無駄使いだと思ってください。

HomePodは設備投資がかなり必要の割に、そこまで重要なデバイスではない。

まとめ

僕はあくまで自分へのご褒美として、HomePodを購入しました。

なので別に購入したことに後悔もしていませんし、購入しようとしている人に対して買うなと言う気もありません。

 

ただHomePodに何かを期待して購入するとがっかりするポイントはかなり多いと思います。

「特に理由はないけど、欲しいから買う!」

「今月は使えるお金が10万くらいあるからHomePodでも買うか!」

と言う心持の方は、購入してみてもいいと思います。

 

今回はあくまで僕の生活でのお話です。

もっと便利にスマートスピーカーを使いこなせている人もいるでしょう。

ただ、僕の中でHomePodは万人受けは難しいデバイスだと思います。


Apple製品について考えているのであれば、ぜひ公式サイトも参考にしてみてください。
アップル信者の僕がよく参考にしているのは、以下のサイトです。

Apple公式サイト
Apple Watch バンドギャラリー
Apple Care 公式サイト
【重要】少しでも安くApple製品を買いたい方へ(整備品ページ)

あなたの1フォロー、1いいねが記事更新の励みになります!!!!!!!!!
Twitter限定の情報(記事にするまではないけど面白いものは重要なもの)や企画もあります。よろしくお願いします!!!!!!
The following two tabs change content below.
Rasaka

Rasaka

職業:学生(SE職に内定)。好きなApple製品:MacBook Pro、iPhone7 Plus(ジェットブラック)。 数学教員免許を地味に持ってます。大学在学中にApple製品の素晴らしさに気づき、「一人でも多くの人にこの魅力を知ってもらいたい」、「より多くの人とこの喜びを共有したい」と思い、記事を作成しています。Twitterでは記事にするほどではない意見や情報を発信しています。