iPad iPhone MacBook アプリ レビュー

数学徒よ、刮目せよ。この数学アプリたちを。

更新日:

この記事を読む前に!!

当サイトでは、アップル製品の紹介をする際必ず
  • アップル公式ページ
  • Amazon販売ページ

へのリンクを貼り付けています。  

実はAmazonで購入すると5%ほど安くなるなどのメリットがあり、Apple Storeで購入するよりもお得に買える場合があります

今現在Amazonでアップル製品を販売できるのはアップルだけとなっているので、購入の際はぜひチェックしてみてください。
アップル製品はAmazonで買え!5%オフで買えるなどのメリットがあります!

続きを見る

どうも、群論の単位を諦めた@Rasaka_sanです。

今回は数学系のアプリについてご紹介します。どれも僕が使って見て、一級品だと思ったものばかりです。

iPhoneやiPadはただのデバイスとして使うだけでは勿体無い。様々なことに使って見たいですよね。

特に数学徒ならば、グラフを書いて欲しいとか、複雑な式を計算して欲しいとか。

そんな願いを叶えてくれる凄腕アプリたちを是非チェックして見てください。

ちなみに、ランク順になっています。

【第3位】Solve

Solve - A colorful graphing calculator
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: ¥250

 

このアプリについてご説明します。

このアプリは一見、普通の計算機のように見えます。

ですが、sin, cos,tanだけでなくlogや大学で習うsinh,cosh,tanhなども搭載している優れもの。

さらに、absというのはAbsolute(絶対値)のことです。

ある程度の計算はできますね。

しかし、すごいのはここから。

例えば、xの式(1変数の式)を書いてみると計算結果が表示される部分に『Touch to Plot』と表示されています。

タップすると、

 

 

このようにグラフを描くことができます

それだけではありません。2変数関数のグラフも書くことが可能です。

さらに、すごいのはパラメータTを使えるんです。

このTは、時間(Time)を表しているので、時間が進むにつれ変化するグラフが描けます。

動画で示している通り、このTも3次元のグラフに応用できます。すごい...。

これがあれば大方の数学のグラフのイメージはつかめます。

250円は安すぎると思いませんか?

これは、数学アプリ入門編といったところ。分かりやすく、表記の仕方のお勉強にもなります。

次はちょっとレベルが上がって中級。

 

 

【第2位】GoodGrapher

Good Grapher Pro - scientific graphing calculator
カテゴリ: 教育
現在の価格: ¥240

 

さて、このアプリのお名前ですが、自分でGoodって言っちゃってます。

その実力は本当にGoodなのか確かめていきましょう。(ちなみに無料版もあります。)

まずは最初に出てくる画面。

高性能電卓です。ほとんどの計算ができます。

「2nd」「func」「const」を押すと、さらに計算の種類が表示されほぼなんでも計算できるようになります。

 

では次、上に表示されている「・・・」を押して見ましょう。

すると、このような画面になると思います。

挿絵でわかると思いますが、上から順に「計算機」「2次元平面」、「3次元空間」、「連立方程式」、「設定」、「ヘルプ」となっています。

詳しい説明は一気に書くと、長くなるので別記事に回したいと思います。

大雑把に説明すると、

2次元では「関数」、「逆関数」、「極座標」、「パラメタ」、「陰関数」

3次元では空間に関数が描けるほか、3次元極方程式、3次元のパラメタまでできます。

さらに、これは作ったグラフを保存しておけるので、2つの関数の交点を調べたりもすることができます。

 

さて、このようにSolveよりもぐっとできることが増えました。

ですが値段はSolveよりも安くなっています。儲ける気はあるんでしょうか。

ただ、GoodGrapherには弱点が一つあります。

それは、時間をパラメタに取れない、すなわちSolveでできた動きが表現できないのです。

動かしたい、と思う人もまたマニアックですが、その要望まで叶えるのは次のアプリになります。

正直、Solve+GoodGrapher+αのようなアプリですが、慣れるまではだいぶ難しいです。

 

【第1位】PocketCAS

PocketCAS Mathematics Toolkit
カテゴリ: 教育
現在の価格: ¥1,200

堂々の一位はこいつです。価格もうんと跳ね上がりました。

なので、上二つで満足できないという方がどうしても買うものでしょう。

これはほぼ全ての数学ができます。

こちらも詳しい解説は別記事に回します。

一番厄介なのは、なんでもできるので少々ややこしく記述する必要があります

さらに、全て英語です。

僕は慣れるのに1ヶ月かかりました。

さて、すごい箇所を一つだけ見せておきます。

これだけでも買う価値があると思われる方がいるかと思います。

何はともあれ、動画でご覧ください。

アステロイドを作って見ました。

そう、動くパラメタを作れるのです。

それも同時に同じ平面に書くことができます。これはなかなか優秀。

しかし、これを表現するのにはこんなものを書く必要があります。

このアプリは奥が深いのでまたじっくり語ることにしましょう。

ごめんなさい、テスト期間なんでこんな記事しか書けないです。

今度からしっかり書きます。

ではでは。

 

-iPad, iPhone, MacBook, アプリ, レビュー

Copyright© Apple NOW! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.