iCloud

iCloudのストレージ容量不足! 絶対やっちゃダメな解決法

更新日:

この記事を読む前に!!

当サイトでは、アップル製品の紹介をする際必ず
  • アップル公式ページ
  • Amazon販売ページ

へのリンクを貼り付けています。  

実はAmazonで購入すると5%ほど安くなるなどのメリットがあり、Apple Storeで購入するよりもお得に買える場合があります

今現在Amazonでアップル製品を販売できるのはアップルだけとなっているので、購入の際はぜひチェックしてみてください。
アップル製品はAmazonで買え!5%オフで買えるなどのメリットがあります!

続きを見る

iCloudの5GBプランを利用している方は、『iCloudストレージの空き領域が不足しています』という警告画面にイライラしているのではないでしょうか。

このiCloudのストレージ容量不足問題に対して、いくつかの解決策があります。

が、その中のiCloudフォトライブラリをオフにするという方法だけは絶対にオススメしません。

iCloudフォトライブラリをオフにすると写真が消える!!

iCloudフォトライブラリをオンにすると、iPhone内にある写真がiCloudにアップロードされ、iCloudで管理されます。

これはiPhone内の写真の容量を減らして、iPhoneのストレージを圧迫しないための機能で本来とても便利なものです。

 

ここで重要なのはiPhone内からオリジナルの写真を削除して、iCloudにオリジナルをアップロードしているという点です。

iCloudフォトライブラリをオンにした時点でiPhone内の写真がiCloudにアップロードされます。

つまりiCloudフォトライブラリを何も考えずオフにするとiPhone内に写真が残っていない状況になり、写真が全て消えてしまうということになります。

 

これを防ぐには、『設定』>『iCloud』>『写真』>『iPhoneのストレージを最適化』から『オリジナルをダウンロード』に切り替えることが必要です。

『iPhoneのストレージを最適化』から『オリジナルをダウンロード』に切り替える

iCloudフォトライブラリをオンにしていると、通常『iPhoneのストレージを最適化』が選択されており、これによりiCloudにオリジナル写真がアップロードされiPhoneのストレージが最適化されるようにiPhone内から写真が削除されてしまいます。

 

『オリジナルをダウンロード』を選択することで、iCloudにオリジナル写真をアップロードするのではなくiPhone内に残しておけます。

この状態でiCloudフォトライブラリをオフにすれば、写真はiPhoneから削除されずオリジナルデータのまま残ることになります。

しかしその分iPhoneのストレージを消費してしまいます。

iCloudの容量が不足する原因は主に写真

iCloudストレージの容量不足の一番の要因とも言えます。

写真は1枚であれば容量は大したことないですが、

  • iPhoneのカメラの性能が優れていること
  • いつでもどこでも簡単に撮れること

からついつい、いらない写真まで撮り過ぎてしまいます。

安直な計算ですが5GB埋まるのに約1500枚ほどしかありません。

 

iCloudのストレージ容量を節約したいのであれば、まずはいらない写真を削除することから始めることをオススメします。

めんどくさがってiCloudフォトライブラリをそのままオフにしてしまうと、写真データが吹っ飛びます。

iCloudのストレージアップグレードを強くオススメ!!

『オリジナルをダウンロード』を選択した状態でオフにすれば、写真は確保されたままiCloudフォトライブラリの利用を停止できます。

しかし、残った写真が次の問題となります。

  • Dropboxなどのクラウドサービスに移す
  • パソコンに移す
  • パソコン経由でHDDなどに移す

などの方法がありますが、いずれも「あの写真見たいな」と思った時にiPhoneからすぐに見ることが難しいです。

 

iCloudフォトライブラリをオンにしておけばいつでもどこでも、どのデバイスでも閲覧できる上に、iPhoneのストレージを大きく消費せずに管理することができます。

実際僕のiCloudには10,678枚の写真が保存され、容量は約70.1GB消費しています。

iCloudフォトライブラリの写真の容量

しかし『iPhoneのストレージに最適化』をオンにした状態だと、iPhoneで消費している容量はたった2.27GBしか消費していません。

iPhoneのストレージに最適化した時の写真の容量

もちろんiPhoneで10,678枚の写真の写真が閲覧・編集することができます。

 

iCloudのストレージ容量が足りない時に写真を移せば、確かにその時は容量を確保することができますが『オリジナルをダウンロード』にしろ『iPhoneのストレージを最適化』にしろすぐiCloudやiPhoneの容量が埋まります。

そのたびにデータを移すというのはあまりにめんどくさくないですか?

 

そこで僕は断然iCloudストレージのアップグレードをオススメします。

月額制の料金が発生しますが、それに見合ったメリットが十分すぎるほどあります。

まとめ

Check!!

  • iCloudストレージを確保するために「iCloudフォトライブラリ」をオフにするときは、『オリジナルをダウンロード』を選択してからにする!
  • どうせすぐ容量は埋まるのだから、色々メリットのある有料ストレージプランへの加入がオススメ

今回は僕の2回やった失敗から記事を書かせていただきました。

そう、僕は2回も写真のデータを吹っ飛ばしているんです・・・。

学生時代の写真はほとんど残ってません泣

 

有料プランをオススメしていますが、人には人のストレージ管理方法があります。

自分にあったストレージ管理方法が当然ですがベストなので、一意見としてお聞きくだされば幸いです。

-iCloud

Copyright© Apple NOW! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.