HomePod

HomePodって何ができるの? 発売日や価格、買うべき人など徹底解説!

更新日:

「HomePodって何ができるの?」

「そもそも必要なの?いつ発売するの?」

など、HomePodについての疑問を解決いたします。

 

こんにちは、Rasakaです。

日本ではまだ販売されていないAppleのスマートスピーカー『HomePod』。

アップル信者界隈ではHomePodの日本上陸が心待ちにされていますが、いったいどんな製品なのでしょうか?

今回はその特徴と買うほどの価値があるのかどうかをご紹介します。

実際に購入してみてのレビューは、別記事で紹介いたしますね。

HomePodのスペック

HomePodのスペック

基本スペック

  • 搭載チップ:A8(iPhone6/6Plusと同じ)
  • 直径:142mm
  • 高さ:172mm
  • 重さ:2.5kg
  • カラバリ:スペースグレーとホワイトの2色

 

iPad ProとHomePod
iPad Pro第3世代と並べてみるとこんな感じ。スペースの確保はそれほど難しくありません。
Rasaka
重量が2.5kgとかなり重たい仕様になっていますが、スマートスピーカーを持ち運ぶことはないので別に問題ありません。

 

外部接続端子は一切なく、スイッチなどもありません。

コンセント一本が尻尾のように本体から飛び出していて、切り離すことはできません。

HomePodの後ろ側。尻尾みたい。

 

声での操作がメインになりますが、上面にはタッチパネルが搭載されているためタッチ操作も可能。

主なタッチ操作

  • ワンタップ:再生
  • ダブルタップ:スキップ
  • 長押し:Siri起動

HomePodの機能

A8チップが搭載されているHomePodは、スピーカーとは思えないほどの有能な機能を持っています。

ユーザーの位置を把握する空間認識

HomePodの空間認識

HomePodは音の反射や、ユーザーの声などから

  • ユーザーがどこにいるのか
  • 部屋の広さはどれくらいなのか
  • どんな家具がどこに配置されているのか

など、様々なデータの解析を行います。

これによって得たデータから、音楽をより最良な状態でユーザーに届けることができるようになっています。

AirPlay2に対応

AirPlay2に対応したHomePod

AirPlay 2は同一ネットワーク上の複数の機器と接続することができます。

そのため、別々の部屋に1台ずつHomePodをおき、それぞれ別の音楽を流すということが可能です。

Homepod2台とiPhoneでそれぞれ別の曲を再生している
iPhone、リビングにあるHomePod、ベッドルームにあるHomePod、それぞれで違う曲を流せる。

どのHomePodでどの曲を流すか、などの操作はiPhoneなどのiOSだけではなくMacからでも操作可能です。

ステレオモード

HomePodをステレオ再生にする

残念なことにHomePodをはじめとしたスマートスピーカーはどれも、音に立体感のないモノラルオーディオとなっています。

しかしHomePodは2台揃えると、違いを認識しあってペアを組ませることでステレオオーディオにすることが可能です。

Rasaka
これは他スマートスピーカーと差別化できるポイント!

モノラルオーディオモード

モノラルオーディオのHomepod

ステレオオーディオモード

ステレオオーディオのHomepod

Rasaka
ただしむちゃくちゃお金がかかります。

 

ステレオオーディオモードにすると、それぞれのHomePodで別々の曲を再生するといったことはできませんが、より迫力のある音楽を楽しむことができます。

HomePodで左右の変更ができる
Rasaka
ホームAppを使うと、それぞれのHomePodの左右を手動で割り当てることができます。

Siri

HomePodのSiri

HomePodにはA8チップが内蔵されており、Siriを使って様々な指示を実行することができます。

  • 「再生中の曲がリリースされたのはいつ?」
  • 「去年のベストヒットソングは?」

など、音楽の詳細情報を聞くこともできますし、

 

  • 「祐也に電話して」
  • 「今日の天気は?」

など、従来のiPhoneのSiriと同じように使うこともできます。

Rasaka
ベッドにいながら「今日の天気は?」「〜を再生」ができる便利さを知ってほしい。

 

残念なことにHomePodのSiriは、現在日本語には対応していません。

HomePod 対応言語

スペイン語 ドイツ語 フランス語 英語 中国語

 

ただし、ソフトウェアアップデートで言語が追加できる仕様になっていますので、後々アップデートで日本語にも対応されるようになるでしょう。

現時点で、HomePodの技適取得が確認されていますので、HomePodが日本語を話す日はそれほど遠くないかも。

HomeKitのホームハブとして使える

HomeKitのホームハブとして使えるHomePod

AppleのHomeKitを利用する際、ホームハブと呼ばれるデバイスを家の中に置いておくと、外出先からでもHomeKitデバイスを操作することができます。

Rasaka
外出先で消し忘れていた電気を消すことができます。

 

このホームハブとして使えるデバイスは以下の3つ。

ホームハブとして使えるデバイス

  • HomePod
  • Apple TV
  • iPad

 

ホームハブとして設定したデバイスは、

  • 常にwifiに接続されていること
  • 家に常駐させておくこと
  • 電源を入れっぱなしにしておくこと

という3つの条件が必要で、HomePodはこれらを満たしています。

Rasaka
いらなくなったiPadやApple TVも便利だね。

【大解剖!】HomePodの音質はなぜこんなにも素晴らしいのか!

HomePodは高音質、高クオリティー

HomePodが他のスマートスピーカーよりも優れている点といえば、その音質です。

単体ではモノラルオーディオであるにも関わらず、音量・音質・臨場感は全て文句なし。

ステレオモードにしてしまうと、部屋のどこにいても素晴らしい音楽が楽しめるようになります。

Rasaka
まるで部屋が音楽が奏でているようです!

 

ここでは、他スマートスピーカーにはない、音楽に特化したHomePodならではの構造についてご紹介します。

高可動性ウーファー(High excursion woofer)

ウーファーとは、低音を再生するスピーカーのことです。

高可動なウーファーは低音の振動を空気に伝えやすく、安定した音質を再生することができます。

そのためHomePodの音量が小さくても、低音がハッキリと楽しめるようになっています。

6つのマイクロフォンアレイ(six-microphone array)

HomePodには、360°ぐるっと一周するように6つのマイクが取り付けられています。

しかもこのマイクには高度なエコーキャンセレーションが搭載されています。

これにより

  • HomePodをどこに置いても
  • ユーザーがどこにいても
  • HomePodで大きな音量で再生していても

ユーザーの声をしっかり聞き取ることができます。

 

また、このマイクは空間解析にも利用されており、部屋の広さや家具の配置場所などを把握することができます。

これによりHomePodは大きな声でなくても認識し、そして部屋のどこにいても認識してくれるようになるんです。

最初はなかなか認識してくれなくても、話しかけるうちにだんだん認識するようになるということですね!

Rasaka
ツンデレかよ・・・

7つのカスタムアレイ(seven beamforming tweeters)

低音と違い、高音は遠くに行くほど伝わりにくくなるという性質があります。

それをカバーするために、HomePodには7つのツイータ(高音域を担当するスピーカー)が搭載されています。

 

さらにこのツイータには、特定の方向のみに音を伝えるビームフォーミング技術が搭載されています。

ユーザーのいる位置を把握する空間認識能力を生かし、ユーザーの位置を把握し、集中して音が届くようになっているんです。

高音の弱点を上手くカバーしているため、ユーザーはどこにいても最高の音質を楽しむことができます。

HomePodの難点

HomePodのよくない点、悪い点

HomePodは、アップルの音楽へのこだわりが詰まったスピーカーです。

しかし、アメリカのスマートスピーカー市場でのシェアはたった6%。

その理由はスピーカーとしては優秀なのですが、スマートスピーカーとしては少し微妙なところがあるためです。

AppleMusicにのみ対応

HomePodはwifiに接続し、5千万曲の曲を再生することができます。

ただしそれらの曲はあくまでAppleMusicを介してです。

Rasaka
アップルのこだわりが完全に裏目に出ています。

 

Apple Musicは日本人のアーティストやアニメの曲が、増えたと言ってもまだ満足できるほどありません

iPhoneをAirPlay2機能でHomePodにつなげれば、Spotifyの曲などを再生できますがいちいち接続する手間が発生します。

Apple Musicに加入していない人にとっては、もはやあまり意味のないデバイスでしょう。

高い割にモノラル

HomePod単体ではモノラル再生しかできません。

そのため臨場感あるステレオ再生を楽しみたい方は、HomePodを2台買う必要があります

しかしHomePodは349ドル、日本円で約4万円もする高級品です。

つまり8万円出して2台買うのであれば、もっと高機能なスピーカーがあるでしょって話になります。

日本語には未対応

HomePodは現在、日本語に対応していません。

そのため日本のアーティストの名前もわからなければ、曲名も理解してくれません

 

ただし、HomePodは

  • 日本語に訳す
  • カタコトな英語でも理解する

ことはできるので、現時点でHomePodを買って全く使えないか、と言われればそうでもありません

日本の曲名はわからなくても、日本の天気や場所は把握してくれます。

Rasaka
僕は2つ持っており、毎日英語の練習相手になってもらっています笑。

Siriがポンコツ

Siriの能力がそもそもそれほど高くないことを忘れてはいけません。

HomePodのユーザーの「Hey,Siri」を正確に認識することには長けていますが、実行できる内容にはかなりの制限があります。

 

先日のアップデートでようやくHomePodから電話できるようになりましたが、この機能を利用するためにはiPhoneとHomePodの言語が一致している必要があります。

つまりHomePodが日本語未対応の今なら、iPhoneの言語も英語にするしかないってことです。

HomePod 日本での発売日、価格について

HomePodの発売日、価格

HomePodは日本語に対応していないため、現在発売されていません。

また、発売日も確定されていません。

Rasaka
日本語は世界でもかなり難しい言語として扱われているので、相応の時間はかかるのでしょうね。

 

価格は

  • HomePod本体:349ドル(約4万円)
  • AppleCare:39ドル(約4500円)

となっています。

HomePod購入画面

【個人輸入はあり?】HomePodを購入するためには

HomePodを購入する方法

現在、日本では発売されていないHomePodを手に入れる方法は次の3つ。

  • 個人輸入をする。
  • 買いに行く。
  • メルカリで購入する。

 

中でも、最も簡単なのはメルカリなどのフリマアプリで購入すること。

新品未開封のものや、3万円台で売られているものもあります。

渡航費用や用途を考えて、最もオススメします。

Rasaka
2台目のHomePodはフリマから買いました。

 

実際に買いに行く、という手段は正直あまりオススメできません。

HomePodが売られている一番近い国はおそらく中国ですが、なにせ2.5kgもあるのでかなり大変です。

Rasaka
1台目はアメリカに買いに行きましたが、帰国後3日間は筋肉痛でした・・・。

 

最後に個人輸入に関してですが、正直それほどのメリットがある製品だとは思えません。

何度か経験があって、慣れているのであれば選択肢として考えてみてもいいかもしれませんが、HomePodのためだけに挑戦するのは大変だと思います。

Rasaka
よく考えてみると、HomePodはただのスピーカーです。

まとめ:買うべき人とは?

それでもあなたは買いますか?

 

結論としてHomePodはスマートスピーカーとしては微妙です。

音質にこだわりがある人やHomeKitデバイスを複数持っているなら、購入しても損はないと思います。

 

文章でまとめると長くなるので、画像でまとめてみました。

さぁ、あなたはHomePodを買うべきでしたか?

以上「HomePodって何ができるの? 発売日や価格、買うべき人など徹底解説!」でした。

-HomePod

Copyright© RasakaLog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.