iPhone

iPhoneSE2 発売間近! 実はiPhone 4が最強だった説

投稿日:

桜も散り始め、いよいよ気温も安定して暖かくなってきました。

そんな中、ついにiPhoneSE2 のリーク情報がどんどん増えて来たので発売間近な感じがします!

最近のiPhoneSE2 リークまとめ

最近のリーク画像がこちら!

背面はワイヤレス充電に対応するためか、ガラス素材を採用している模様です。

スペック的にはiPhone7並みで、フル画面モデルではないようです。

これにより前々から言われていた、ホームボタンが2018年に発売されるモデルは全て廃止されるという予想が外れたことになります。

▲これまで濃厚とされていたリーク画像。

また、iPhone7と同等ということでSuicaにも対応すると言われています。

iPhoneSE2と比べるとかなりのパワーアップと言えそうです。

ただし、これに伴いイヤホンジャックが完全廃止されそうです。

2018年でホームボタンは完全廃止されませんでしたが、イヤホンジャックはついに絶滅に追いやられるということになります。

イヤホンジャックがあるためにiPhoneSEを選んでいたユーザーからは悲痛の叫びが聞こえそうです。

背面ガラスのiPhoneSE2 のデザインて...

今回リークした画像を見ても、おそらくiPhoneSE2の背面はガラス素材で間違いはないでしょう。

しかし、このフォルムで背面ガラス...。どことなく既視感が...そう、iPhone4です。iPhone5以降長らく背面アルミニウム素材が使われて来ましたが、iPhone8以降ガラス素材に戻りました。

iPhone8、8plus、Xは丸みのある縦長のフォルムでしたが、iPhoneSE2はiPhone5と同じ大きさで同じフォルムです。

サイズこそiPhone5と同じということでiPhone4よりも一回り大きいですが、フォルムと背面ガラス素材という特徴からiPhone4を思い出さずにいられません。

(個人的に)完璧なデザインだったiPhone4

僕が今使っている機種はiPhone7 Plusのジェットブラックです。

実はこれには理由があります。

ポートレート写真を試して見たかったというのもありますが、一番はその色。

アルミニウムとは思えないほどの光沢ある黒色がとても美しく見えました。

あまりの美しさにiPhone7のピンクから、気がついたら機種変更していました...

しかし過去にこの光沢ある黒色を持つ機種がありました。

それこそが、iPhone4です。

漆黒のパネルに、ガラスによる光沢がなんとも言えないかっこよさを演出していました。

現在のiPhone8やXもガラスパネルですが、黒と言うよりは灰色です。

iPhoneXとiPhone3Gの背面を見比べてみるとその違いがよくわかります。

iPhone3Gの背面の黒とiPhone4の背面の黒は素材こそ違いますが、色はかなり似ているのでいい参考になると思います。

機能こそ今の方が充実していますが、サイズといい、デザインといいやはり今見てもiPhone4は完璧だったなぁと思います。

今後リークがますます加速し、5、6月くらいにiPhoneSE2が出ることになったなら、iPhoneXのような灰色ではなく、かつてのiPhone4のようなデザインを期待したいです。

まとめ

みなさんはどのiPhoneが一番好きでしたか?

僕は今のiPhone7のジェットブラックも好きなのですが、やはりサイズ、デザインを総合して考えるとiPhone4が最強だったなぁと思います。

とにかく一番安心したのは、今年でホームボタンが消えるという不安がなくなったということ。

何度かiPhoneXを使いましたが、ホームボタンがない不安を感じずにはいられません。

USB–C以外の廃止やイヤホンジャックの廃止など、時に無謀なことをするAppleですが今回はなんとか思いとどまってくれましたね。

僕は今年機種変する予定ですが、iPhone4のようなデザインのiPhoneSEが出るのであればかなり悩みそうです。

今後のリークや発表に期待しましょう。

-iPhone

Copyright© RasakaLog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.