iPad

【2019】絶対後悔しないiPadの選び方『性能比較→目的→容量→レビュー』

投稿日:

「iPadが欲しいけど、使いこなせるか分からないし、買ってから後悔しないか心配。自分に一番ちょうどいいiPadの選び方が知りたい!」

という要望に、iPadマニア歴5年の選び方をご紹介します。

 

こんにちは、Rasakaです。

iPadはとても魅力的で、ユーザーをかなり成長させてくれるデバイスだと思いますが、一方で目的もなく購入すると何にも使えないというデバイスです。

また目的も定まらない中で、とりあえず性能のいいiPadを購入しても、

高い買い物だったなぁ・・・。

と後悔してしまうことが多いです。

 

そこで今回は、iPadに魅了され5年間毎日iPadを使い続けている僕が、絶対に後悔しないiPadの選び方をご提案します。

購入しようか迷っているあなたに、是非最後まで読んでいただきたいです。

iPadのラインナップと性能比較をしっかり把握する。

iPadのラインナップと性能はしっかり把握しておくことが大事

Rasaka
目的を考える前に、まずは大まかに『今発売されているiPadの違い』を考えましょう。

 

現在発売されているiPadは4機種です。

ラインナップ

iPad Pro第3世代

iPad Pro 第3世代

iPad Pro 10.5インチ(第2世代)

iPad Pro 第2世代 10.5インチ

iPad 第6世代

iPad 第6世代

iPad mini4

iPad mini4

 

これらのデバイスは、

  • 搭載されているチップ
  • 使えるアクセサリ
  • 搭載されている端子

などの違いがあり、目的を考える上で把握していることがとても重要です。

 

 

iPadは機種によって、できることや性能が大きく違います。

例えば

  • iPad Pro10.5インチはイヤホンジャックあるけど、iPad Pro第3世代にはない。
  • iPad第6世代とiPad ProはApple Pencilが使えるけど、iPad miniは使えない。
  • iPad第6世代とiPad ProはApple Pencilが使えるけど、処理能力が全然違う。

などが挙げられます。

 

この時重要なのは、価格比較をするのではなく、性能比較をすることです。

価格を見てしまうとどうしても、スペックを落として安い方を買ってしまいたくなります。

そうやって購入したiPadは、あとあと使わなくなるので、注意しましょう。

Rasaka
まずは純粋に性能比較!これが大事!

Apple Pencilの認識速度や性能も考えよう!

実は知っている人があまりいませんが、Apple Pencilの反応速度にはデバイスによって優劣があります

例えばiPad Pro10.5インチとiPadでは、書き味に明らかな差があります。

これはProMotionテクノロジーと呼ばれる技術が、採用されているか否かによります。

 

現在発売されているiPadの中で、ProMotionテクノロジーが搭載されているのはiPad Proだけ。

普段使いでは特に影響しませんが、イラスト制作をメインに使いたい人には大きなポイントになります。

【ここが大切!】目的をしっかり持つ

iPadを購入する目的は、しっかり計画的に立てましょう。

Rasaka
性能をある程度把握したら、何をしたくてiPadを購入するのか考えましょう。

 

各デバイスの特徴を先に知っておくことで自分の『iPadを使う目的』を、より明確に考えることができます。

僕の経験上、目的から逸れたデバイスの機能はほとんど使いません。

Rasaka
例えば、映画鑑賞用のiPadにApple Pencilが対応していても、使う機会はないですよね。

 

またこの目的は、1つではなく複数持っている方がいいと思います。

1つの用途だけで購入してしまうと、飽きてしまったり、目的を達成した時点で使わなくなります。

高いお金を払って購入するわけですから、より長く、もっとガシガシ使ってあげないと損です。

 

あなたが今iPadを購入しようとしている目的はなんでしょうか。

その目的を達成しているiPadはどれか、しっかり選ぶことが大切です。

ではここで、例を紹介していきたいと思います。

イラストを描きたいならiPad Pro 第3世代がオススメ

絵を描きたい人が選ぶiPad

iPadで絵を描きたいという方には、Proシリーズ以外オススメできません。

なぜならProMotion機能が搭載されているのはiPad Proのみだから。

Rasaka
ProMotion機能の有無では、描き心地に雲泥の差があります。

 

中でもiPad Pro第3世代がオススメです。

現在発売されているiPadの中で、最も高性能なのでどれだけレイヤーを重ねても、どれだけ複雑なエフェクトを加えても大丈夫!

さらに前面フルスクリーンなので、思うがままに描くことができます。

 

またiPad対応のアプリには、

Procreate
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: ¥1,200

 

メディバンペイント for iPad
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: 無料

といった超有能アプリに加えて、2019年内にPhotoshopCCが登場することが明らかになっています。

  • 自分の作品にこだわる方
  • 自分の作品をより高めたい方
  • いろんな表現技法を試してみたい方

など、イラスト制作において自分のスキルを限りなく高めてくれます。

 

ベストチョイス!

iPad Pro 第3世代

iPad Pro 第3世代

価格:¥89,800 (税別)~

Appleでチェック

アマゾンでチェック

文書作成ならiPad Proがオススメ

文書作成がしたい人が選ぶiPad

文書作成程度であれば、正直どのiPadでも構わないと思います。

ただ、コンパクトさや利便性などを考えるとiPad Proがオススメです。

 

その理由はただ1つ、iPadシリーズの中で唯一スマートキーボードが使えるからです。

スマートキーボードの利点は、

  • iPad Proの軽さを殺さない
  • 充電の必要がない
  • ペアリングの必要がない

というコンパクトさにあります。

逆に言えば、このコンパクトさに魅力を感じる人が購入すればいいものだと思います。

 

コンパクトさが追求されたスマートキーボード+iPad Proのコンビネーションがあれば、いつでもどこでも文書作成をすることができます。

 

またiPad Proのスペックの高さから、

  • 負荷のかかる数式を組み込んだ文書作成もスムーズにできる
  • PDFアプリを、同時に開きながら作成できる
  • 挿絵に使う写真やイラストの加工もできる

など多くの+αが見込めます。

どんな文書を作るのか、にもよりますが今のところiPad Pro以上に文書作成に適したiPadはありません。

ベストチョイス!

iPad Pro 第2世代 10.5インチ

iPad Pro 10.5インチ(第2世代)

価格:¥69,800 (税別)~

Appleでチェック

アマゾンでチェック

Rasaka
文書作成なら最新の第3世代じゃなくても十分です。

お子様の勉強用ならiPad第6世代がオススメ

子どもに使わせてほしいiPad

教育学部出身の僕は、子どものうちからiPadを使わせることに大賛成です。

子どもの想像力を掻き立て、具現化する方法や喜びを味わうことで、より一層学ぶことの楽しさを感じることができるからです。

Rasaka
人間は楽しみながら学べるようになれば最強です。

 

ただ最初からハイスペックなiPadを買い与える必要はありません。

  • ある程度のアプリケーションが動かせる
  • Apple Pencilが使える
  • ある程度の性能がある

などを考慮すると、iPad第6世代が最もコスパが良くオススメです。

Rasaka
ProMotion機能など、Pro向けの機能はないので大人では不満があるかもしれませんが、お子様の学習では最強のツールになります。

 

  • 感動したものを写真に撮る。
  • 写真に撮ったものに書き込みを加える。
  • 無制限のノートや自由帳として使える。
  • ネットにアクセスして、自分で調べる力をつけられる。
  • 勉強だけでなく、絵を描いたり曲を作ったり、なんでもできる。

などなど、メリットを挙げればきりがありません。

それだけのメリットが得られるのにも関わらず4万円程度しかかからないこのiPadは、ある意味最強かもしれません。

ベストチョイス!

iPad 第6世代

iPad 第6世代

価格:¥37,800円 (税別)~

Appleでチェック

アマゾンでチェック

高校生・大学生ならiPad Proがオススメ

自分のスキルを上げてくれるiPad

大学4年間、僕は毎日iPad Proを使い続けてきましたが、本気で活用すればかなりのスキルアップが望めます。

ただ興味本位で買うのではなく、

  • イラスト制作にチャレンジしてみたい
  • ガレージバンドにチャレンジしてみたい
  • 数式を組み込んだ卒論を書きたい
  • 数式アプリで、より視覚的に捉えたい

など、学ぶことをベースとした目的があると、とても心強い味方になってくれます。

 

また教科書やノート、関数電卓などの代わりにもなりますので、理系の方なら間違いなく効率的に勉強することができます。

学生生活はあっという間。

その間を遊び呆けて過ごすのか、遊びつつ効率的に学ぶのかはその人次第。

このiPad Proを使えば、いろんなことができ、いろんなことが学べます。

より高みを目指す方には、iPad Proをオススメします!

ベストチョイス!

iPad Pro 第2世代 10.5インチ

iPad Pro 10.5インチ(第2世代)

価格:¥69,800 (税別)

Appleでチェック

アマゾンでチェック

Rasaka
最新機種のiPad Pro第3世代が欲しい気持ちもわかりますが、iPad Pro10.5インチでも十分です。

容量を選ぶ

iPadの容量を考えよう

iPadの場合、価格を大きく左右するのがストレージ容量です。

iPad  wifiモデル 価格比較(税抜)

iPad ProiPad 第6世代iPad mini 4
サイズ12.9インチ11インチ10.5インチ9.7インチ7.9インチ
32GB---37,800円-
64GB111,800円89,800円69,800円--
128GB---48,800円45,800円
256GB128,800円106,800円86,800円--
512GB150,800円128,800円108,800円--
1TB194,800円172,800円---
AppleCare14,800円14,800円9,400円8,400円8,400円

 

iPad セルラーモデル 価格比較(税抜)

iPad ProiPad 第6世代iPad mini 4
サイズ12.9インチ11インチ10.5インチ9.7インチ7.9インチ
32GB---52,800円-
64GB128,800円106,800円84,800円--
128GB---63,800円60,800円
256GB145,800円123,800円101,800円--
512GB167,800円145,800円123,800円--
1TB211,800円189,800円---
AppleCare14,800円14,800円9,400円8,400円8,400円

ストレージ容量は、

  • 音楽
  • 書類
  • ダウンロードしたデータ
  • 写真

など、iPadに入れることができるデータ量を表しています。

当然大きいほどより多くのデータを詰め込むことができますが、価格との兼ね合いもあり、必ずしも一番大きい容量がベストとは言い切れません。

最低容量+iCloudがオススメ

僕がオススメしているのは、iPadの最小容量を購入してiCloudのレンタルストレージを利用する方法です。

月額制でiCloudの容量を最大2TBまで使うことができ、

  • 他デバイスとデータの共有がラク
  • iCloudにデータを保存するので、iPadが壊れてもデータは助かる
  • アップデートや復元、バックアップが鬼ラク!

というメリットざんまいです。

Rasaka
また、iPadの機種変をするときも最低容量で済むため、コストを効果的に抑えることが可能です。

 

加えて、Apple Musicを利用することでストレージを圧迫しがちな曲のデータの負担が減ります

Apple Musicはストリーミング再生に対応しているので、iPad本体に曲を保存しなくても済みます。

もちろんダウンロードすることも可能で、圧迫してきたら削除すれば大丈夫。

いつでも再ダウンロードできますし、利便性はかなり高いです。

大きめの容量を選ぶべき人とは?

iPad Pro第3世代には1TB'noストレージ容量が選べるようになりました。

このことから、ストレージ容量の大きいiPadにはある程度の需要があることがわかります。

では、ストレージ容量の大きいiPadを購入すべき人とはどんな人なのでしょうか。

 

これまでの経験を踏まえて考えると、

  • iPadの中に映画や写真を大量に保存する。
  • ストリーミング再生ではなく、CDから落とした曲をiPadの中にたくさん保存する。
  • DTMやGarageBandアプリで使う音源をたくさん保存する。
  • iMovieで動画をたくさん編集・保存する。

という方にはストレージ容量が大きいモデルが推奨できます。

 

特にアプリで音源として曲を使うためには、iPad本体に素材データが保存されている必要があります。

Apple Musicでダウンロードした曲は、これらのアプリで使うことはできません。

レビューで最終確認をしよう

レビューをチェックしておこう

Rasaka
性能比較・目的・ストレージをある程度絞ったら、レビューでどんなデバイスなのかを調べてみましょう。

 

レビューは、購入した人にしかわからない特徴を知るチャンスです。

家電量販店やAppleStoreでちょっと触っただけではわからない、意外な弱点だってわかります。

 

また購入するときの失敗談などは大いに役立つ内容です。

僕はiPad Pro第3世代を購入するときに、ソフトバンク経由で購入しましたがかなりめんどくさい事態になっていました。

合わせて参考にしてみてください。

Rasaka
とりあえずソフトバンクの自宅受け取りはもうしない・・・。

まとめ:価格ではなく、目的とそれにあった性能で選ぶことが大事

iPadは有効活用すべき

 

ベストなiPadを選ぶためには

  • 性能を比較して、iPadの違いを把握する。
  • 自分の目的を明確にして、どのiPadなら叶えられるかを考える。
  • ストレージ容量を考える。
  • レビューも見て、そのiPadの弱点を知る。
  • 価格に脅されることなく、目的重視、必要性重視で購入する。

 

iPadは今、かなり手頃な値段で手に入れることができるようになりました。

しかし一方で目的が曖昧なまま、購入してしまい後悔してしまう機会も増えたということです。

Rasaka
映画鑑賞用といって購入した父は、iPadを売却してAppleTVを購入していました。

 

iPadはどれも、とても魅力的。

だからこそ、目的を明確にして、必要性をもう一回考えてから購入してほしいです。

買ってから後悔しないために。

 

また、購入したいiPadが決まったらそれを買うべきです。

価格に押されて、スペックを落としたり他のiPadにすると、後から後悔しかしません。

急いで買う必要はありません。iPadはいつでもあなたのことを待っています。

価格よりも、購入して得られるメリットを考えてください!

 

以上、『絶対後悔しないためのiPadの選び方』でした。

-iPad

Copyright© 林檎部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.