iPad

【iPad比較】iPad Air 2019とiPad mini 2019は何が進化したのか

更新日:

「iPad AirとiPad miniの2019年モデルの特徴を知りたい!」

という方のために、注目すべきポイントを絞って比較してみたいと思います。

 

こんにちは、Rasakaです。

突然発売されたiPad Air2019年モデルと、iPad mini 2019年モデル。

これらのモデルは、従来モデルと比較して何が進化したのでしょうか。

また、同時にiPad Pro 10.5インチモデルは姿を消しました。

 

今回は主に

  • iPad Air 2019とiPad mini 2019の共通点/違い
  • iPad Airのスペックの特徴
  • iPad miniのスペックの特徴
  • iPad Pro10.5インチの代わりはあるのか

について書いていきたいと思います。

【共通点】どちらもA12 Bionicを搭載

今回発売された2モデルには、どちらもA12 Bionicチップが搭載されています。

これはiPhoneXS/XS Max/XRにも搭載されており、Airもminiも従来モデルに比べると、かなりハイスペックになりました。

 

ただし、A12 Bionicチップが搭載されていてもFace IDは見送られ、従来通りのTouch IDが搭載されています。

【共通点】どちらもApple Pencil(第1世代)に対応

Apple Pencil 初代

2019年モデルのiPad Air/iPad miniはどちらも、第1世代のアップルペンシルに対応しました。

これにより、現在発売されているすべてのiPadでApple Pencilが使えることになります。

 

注意して欲しいのは、iPad Pro 第3世代のみApple Pencil 第2世代に対応しており、それ以外のモデルは全てキャップ式、充電方法がカブトガニのApple Pencilしか使えません。

キャップをなくす恐怖に怯えます。

【共通点】どちらもTrue Toneディスプレイに

TrueToneテクノロジーの比較

2モデルとも、外の光量を感知し、より自然なホワイトバランスに調節してくれるTrue Toneに対応しました。

【違う点】iPad AirのみSmartKeyboard(第1世代)に対応

iPad AirとiPad miniの違う点は、iPad AirのみSmart Connectorが搭載されており、10.5インチ用のスマートキーボードが使えます。

 

ただし、このスマートキーボードは背面がむき出しになるタイプのもので、保護性能があまり高くないことがデメリットです。

それでも携帯性や使いやすさは優れているため、スマートキーボード に魅力を感じる方はAirが検討の視野に入ると思います。

【レビュー】それでも僕はSmart Keyboardを使う【iPad Proユーザーに伝われ!】

続きを見る

【違う点】画質はiPad miniのほうがいい

今回発売された2モデルのディスプレイを比較してみると、

  • iPad mini・・・326ppi
  • iPad Air・・・264ppi

となっており、iPad miniの方がより高解像度であることがわかります。

iPad Pro 10.5インチモデルに変わるiPad Air

 

iPad Air 2019の発売に伴い、同画面サイズのiPad Pro10.5インチモデルがラインナップから姿を消しました。

この2モデルには画面サイズ以外にも

  • Apple Pencil 第1世代に対応している
  • Smart Keyboard 第1世代に対応している

などの共通点がありますが、iPad Airの方が搭載しているチップがA12 Bionicなので高性能化しています。

iPad Pro10.5インチモデルはA10X Fusionチップでした。

 

ただし、iPad Pro10.5インチと比較すると、

  • ProMotionテクノロジーが非搭載
  • 4スピーカーから2スピーカーオーディオにダウングレード
  • 外カメラが1200万画素から800万画素にダウングレード

とスペック向上に対して、劣っている点もあります。

 

iPad Pro10.5インチモデルは、最低価格がwifiモデルの69,800円からだったのに対して、iPad Airはwifiモデルが54,800円から手に入ることを考えると、1万5000円の値下がりと考えることもできます。

よりパワフルになったiPad mini

これまで放置プレイをされていたiPad mini 4は、iPad mini 5ではなく2019年モデルとして登場しました。

ただ、

  • A12 Bionic搭載
  • Apple Pencilに対応
  • スマートキーボードに対応

など、かなりの進化を遂げていることがわかります。

 

これに

  • 7.9インチ
  • 約300g
  • 厚さ6.1mm

とかなりコンパクトなので、持ち運びにはかなり便利。

まとめ:スペック一覧表

それでは最後に、今回比較したiPad AirとiPad miniの2モデルのスペックを簡単にまとめてみたいと思います。

iPad Air 2019iPad mini 2019
搭載チップA12 BionicA12 Bionic
画面サイズ10.5インチ7.9インチ
大きさ高さ:250.6mm

幅:174.1mm

高さ:203.2mm

幅:134.8mm

厚さ6.1mm6.1mm
重さwifiモデル:456g

セルラーモデル:464g

wifiモデル:300.5g

セルラーモデル:308.2g

解像度264ppi326ppi
オーディオ2スピーカー2スピーカー
Apple Pencil第1世代に対応第1世代に対応
Smart Keyboard第1世代に対応
容量と価格(wifiモデル)64GB:54800円

256GB:71800円

64GB:45800円

256GB:62800円

容量と価格(セルラーモデル)64GB:69800円

256GB:86800円

64GB:60800円

256GB:77800円

-iPad

Copyright© 林檎部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.