iPad

iPadって勉強に使えるの?年代別に活用法を徹底解説!

投稿日:

「うちの子供にiPadをもたせたいけど、ゲームばっかりしないか不安」

「高校生になったし、iPadをうまく活用した勉強をしてみたい!」

iPadは学習にもっとも最適なデバイス。そんなiPadの勉強への活用方法を年代別にご紹介します。

 

こんにちは、Rasakaです。

iPadを上手に使えば、あれほど苦しかった勉強がとっても楽しく、多くのことにチャレンジしてみたくなります。

ところが現実はどうでしょうか?

いざiPadを学習に取り入れてみたものの、うまく活用できないし、せっかくインストールした学習アプリも全く開かない。

一番最悪なのは、YouTubeやゲーム専用端末と化してしまっていることです。

こんなはずじゃなかったのに、とがっかりしている方も多いのでは?

 

そこで今回は、これまでの講師経験や、教育学部で培ったノウハウをもとに考えた、iPadを学習に取り入れるための具体的な方法をご紹介します。

さらにわかりやすいように、年代別に分けて解説するので、該当するところだけ目を通してもらっても構いません。

せっかく買ったのですから、もっとiPadを勉強に活用していきましょう!

幼稚園〜小学生の学習にiPadをうまく活用するには

ココがポイント

小学生までのお子様にiPadをうまく活用してもらうためには、パパさんママさんも一緒に遊びながら、iPadを「遊ぶ(学ぶ)ためのツール」として認識させることが重要です。

 

僕は全国のママさん、パパさんに伝えたい!

今すぐiPadを買いに行ってください!そしてお子さんと一緒に遊んでください!

 

iPadを使えば、視覚的に学ぶことができるので、子供の遊びにうまく溶け込み定着しやすいです。

子供にとって遊びは、もっとも大事な学習です。机に座らせて勉強させるのではなく、自分で考えて、表現できる場を設けてあげましょう。

 

コレがおすすめ

英語のリアルな発音を、見て・聴いて・話すことで、リアルな英語が定着できる!

ウニウニ ABC | 発音から始める幼児英語
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: ¥600

コレがおすすめ

五感を刺激しながらのお絵描きで、発想力・表現力が身につく!

小さな頃から耳を使って培った英語力や、実際に手を動かして培った画力は、やがて大きな才能へと変わります。

騙されたと思って是非お試しください。

ケースや保護フィルムは絶対に買いましょう!

子供向けのiPadで注意したいのは、誤ってけがをしないこと。

そこで以下のことを徹底しておきましょう。

  • iPadが壊れないよう、ケースをつける。
  • 画面が割れないよう、保護フィルムを貼る。

 

また変なサイトを見たり、ゲームにのめり込まないように、

  • iPadを使える時間を約束する
  • 使えるアプリを制限しておく

ということが大事です。

 

中でも、使える時間の約束は一方的に押し付けるのではなく、話し合って決めることが大事。その行為に子供は満足して約束を守るようになります。

【要注意】中学生の学習にiPadをうまく活用するには

ココがポイント

中学生にうまくiPadを活用してもらうには、徹底したルールが重要です。

 

僕が塾や家庭教師で担当した生徒の中で、iPadを持っている子は全く勉強をしませんでした。

理由はいくつかありますが、よくあるパターンは学校で流行っているYouTubeやアプリにハマってしまうんです。

 

厄介なのは、携帯やスマホが欲しくなる時期と重なっていること。

子供が何のために携帯が欲しいかというと、当然遊ぶためです。(この遊びは、ただの娯楽という意味)

特に男子中学生は驚くほど、のめり込みます。没収なんかした日には、戦争の開幕です。

なので、中学生からiPadを持たせることはオススメできません。

 

もし持たせるのであれば、必ずルールを決めるようにしてください。

  • 時間
  • 使えるアプリ
  • 持ち出し禁止

など、とにかくゲームとしての端末にさせないことが重要です。

 

ただし、小さい頃からiPadを持っていて、その子にとって学ぶためのツールになっている場合は別です。

その子にとってiPadは遊ぶためのものではなく、あくまで自分の学びに役立て、より良い成果を表現するためのもの。

これを奪ってしまうのは、本当にもったいないです。

高校生が学習にiPadをうまく活用するには

ココがポイント

高校生にiPadをうまく活用させるには、夢や目標、学びたいことを徹底的にやらせてあげることが重要です。

 

高校生になると、だいぶ成長して自分の今すべきこととそうでないことの区別ができるようになります。

その区別ができている子には、是非iPadを持たせてあげましょう。

 

理由は簡単です。自分で学びたいことがたくさん見つかるからです。

もちろん毎日つまんなそうに学校に行き、友達とも遊ばず、外にも出ない生徒に与えても改善はありません。

自分で目標や夢を定めて、いろんなことを試行錯誤している生徒に持たせてあげると最も効果的。

 

ここで、実際に僕が経験した一例を紹介したいと思います。

僕が担当していた生徒さんで、自然現象に興味を持っている高校2年生の男子がいました。

彼はよく僕のところに来ては、「水面に波が立つと、どうして影ができるのか」「GPSはどんな風に動いているのか」など、多くの疑問を話してくれました。

 

そんな彼が自分のお金でiPadを手に入れたとき、急激な成長を遂げたことは言うまでもありません。

次第に僕のところへ疑問を持ち込むのではなく、得られた成果を報告しに来るようになりました。

そして彼は理学部へ行きたいと決意し、無事合格していきました。

 

大学へ行けるかどうか、ではなく、自分で学びたいことに自分で考えて答えが出せるようになるだけでも、iPadには十分な価値があります。

多くのことを悩み、考える時期だからこそ、iPadの活躍する場面は多いと思います。

大学生/専門学生/看護学生が学習にうまく活用するには

ココがポイント

大学生や専門学校生がiPadをうまく活用するには、目的や学びたいものをしっかり、そして複数決めておくことが大切です。

 

大学生や専門学校生の皆さん、iPadはもはや必需品です。必ず持ってください!!

なぜ必需品なのか。

それは

  • 自分のできることを増やしてくれる。
  • 自分の知りたい情報をすぐ引き出せる。
  • ノートとして使えるので、気になったことをすぐにインプットできる。

などの利点があるからです。

 

スマホがあればいいじゃんと言う方もいますが、

  • PDFの書類などが見にくい、書き込みにくい
  • 細かな編集がしにくい
  • ノートとして使うには小さすぎる

などのデメリットが、学習においてはあまりにも痛手すぎます。

 

iPad活用術vol.1でもご紹介していますが、iPadはフルで使いこなそうとすると本当になんでもできます。

以下の記事に書いてあることがiPhoneでもできるのであれば、iPadは必要ないでしょう。

【iPad活用術 vol.1】学生必見!人生が変わる最強の勉強方法

続きを見る

Rasaka
でもできることと、快適にできることは全然違いますよ。

社会人が学習にうまく活用するには

ココがポイント

社会人の方がiPadをうまく活用するには、自分がやりたいことがiPadで得られるかどうかを考えることが重要です。

 

大学生までは、とりあえずiPadを持っておけば勉強に大きなリターンがあります。

ところが社会人の方は、「いろんなことを勉強しよう」と言う漠然としたものではなく、「〜をしてみたいな」「〜ができるようになりたいな」などの具体的な目的を持つ必要があります。

 

その理由は1つ、忙しいので必要性がなければ使わなくなるから。

曖昧な目的のまま購入すると、結局何もせずにiPadがゲーム専用機や映画鑑賞デバイスになり下がってしまいます。

 

自分のしたいことをしっかり考えて、それにiPadが本当に必要なのかを考えてください。

Rasaka
目的は3つ以上持つことがオススメです。

まとめ:iPadは最強の学習ツールです。

僕の経験から、iPadは使い方さえ間違えなければ最強の学習ツールになります。

今回お話した内容は、大学4年間の塾バイトや家庭教師で培った活用方法です。

 

  • 小学生まで:親御さんも一緒に遊ぶことで、子供の学びを深める。
  • 中学生:しっかりルールを決めて、運用する。
  • 高校生:学びたいことを知ったり、経験したり、表現するために使う。
  • 大学生:専門性を追求し、興味のある分野にチャレンジする。
  • 社会人:自分のしたいことを具体的に列挙し、iPadとの必要性を明確にする。

 

以上「年代別iPad活用例」でした。

-iPad

Copyright© 林檎部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.