AirPods アクセサリ レビュー

【レビュー】たった2000円!?AirPodsをワイヤレス充電対応にするカバー|AirPods2はもういらない!

投稿日:

「AirPodsの充電がいつの間にか切れている。」

「ワイヤレス充電器欲しいけど高いなぁ」

と思った経験のある方に、超絶オススメの製品をレビューします。

 

こんにちは、Rasakaです。

平成最後の3月、新型のAirPodsがリリースされました。

一番目を引いたのは、ワイヤレス充電ができることではないでしょうか。

 

しかし、その価格は決して安いものではなく、

ワイヤレス充電に対応しただけでこれだけお金かけるのはな・・・。

と渋る方も多いはず。僕もそうでした。

 

そんなある日、アマゾンを見ているとこんな製品を発見。

わ、ワイヤレス充電がたった2,000円でできるようになるだとぉおおおお!!?

Rasaka
これは買うしかねえ!

 

というわけで、今回は実際に購入してみてのレビューをお届けしたいと思います。

NeotrixQI AirPodsワイヤレスケース

アマゾンでチェック

NeotrixQI AirPodsワイヤレス充電ケース|外観と付属品

アマゾンには数々の「AirPods ワイヤレス充電ケース」が販売されていますが、僕がこのケースを購入した決め手は12ヶ月の故障保証があったことです。

もしもハズレを引いたとしても、保証があるので安心できました。

 

さて、早速届いたNeotrixのAirPodsケースですが、梱包物は以下の通り。

  • ケース本体
  • カラビナ付きキャリーケース
  • 説明書

 

ケースは黒色で、AirPodsに簡単に装着することができました。

装着すると1回り大きくなりましたが、不快な大きさではありません。

装着する前

装着した後

Neotrixのケースは重さが30gほどあります。

しかしこの重みによって重厚感が増した感じがして、よりしっくり手に収まる感じを覚えます。

装着していない生のAirPodsの小さくてツルツルという可愛らしさはなくなりましたね笑

 

全身黒色のボディーなので、かっこよくなった感じもします。

Rasaka
黒色のMagic TracPadなんかとも相性がいいほど、かっこいい黒色です!

 

背面に少しだけ生のAirPodsが見えてしまっていますが、ダサいという感じは受けません。

 

ただレビュー記事を書いていて、あることに気がつきました。

装着したAirPodsを取り出すには、ちょっとしたコツが必要なんです。

Rasaka
無理に取ろうとすると、AirPodsが壊れそうで怖かった・・・。

 

取り外す際は一度蓋をガバッと開けて

まずは蓋のカバーの方から、左右交互にゆっくりと外します。

外れたら、AirPodsを閉じて、本体上部を握ってまた左右交互に引き出す感じです。

 

このように取り外す時にスポンと取れず、コツがいるので注意が必要です。

ですがこれはむしろ、NeotrixのカバーがAirPodsをしっかり保護し、途中で外れることがないという証拠でもあります。

AirPodsケースは一度つけてしまえば、取り外すことはほとんどないのでマイナスというほど悪い点ではありませんね。

NeotrixQI AirPodsワイヤレス充電ケース|使い方

AirPodsに装着したら、あとはワイヤレス充電器の上に置くだけ。

Qi規格の充電器であれば、なんでも対応しているようです。

Rasaka
しっかり充電できていました!

 

ただし置くときはオモテ面が下になるように置かなければならないようです。

背面を下に置いてみると、

ご覧の通りワイヤレス充電器が点灯しておらず、うまく充電できていないことがわかります。

Rasaka
背面のヒンジ部分のカーブが、接地面と干渉してしまうんですね。

 

ちなみに、AirPodsのペアリングボタンが押せる工夫もしっかりされているので、再ペアリングするときもカバーを外す必要はありません。

NeotrixQI AirPodsワイヤレスケース

アマゾンでチェック

NeotrixQI AirPodsワイヤレス充電ケース|実際に使ってみて

僕のAirPodsは2年ほど使っているため、バッテリーのヘタリ具合が否めません。

このAirPodsをLightningケーブルで充電した場合と、Neotrixのカバーで充電した場合とを比べてみるとこのような結果になりました。

 

30分間

Lightningケーブル:40%強

Neotrixカバー:20%弱

 

0%→100%

  • Lightningケーブル:約2時間程度
  • Neotrixカバー:約3時間程度

 

ご覧のように、やはり有線接続の方が充電速度は早いという結果に。

そもそもQi充電自体がそれほど早くないという印象です。

 

ただこの実験中に気がついたことがあります。それは・・・

ら、Lightning端子がないだとおおおおおおお!!

 

つまりバッテリーが切れていて、急いで充電した時にはいちいちカバーを取り外す必要があります。

僕の場合、帰ってきてからすぐに置くだけ充電器の上にポイって置く習慣があります。

そのため朝持って行くときはつねに満充電で、平気で1日持ちます。

このぽいっと置く習慣がない方は、ちょっと気をつけた方が良さそうです。

NeotrixQI AirPodsワイヤレス充電ケース|まとめ

総じてこの製品への評価は、このようになりました。

総合評価

使いやすさ:

持ちやすさ:

コスパ:

有線充電(なし):

充電速度:

 

ただ言えることは、今までのAirPodsよりもむちゃくちゃ充電するようになりました。

これまでは多々充電し忘れて、外出中に使えなくなることがありました。

しかしこのカバーによって、置くだけ充電の恩恵が受けられるので充電し忘れることが全くありません。

物忘れの激しい僕でさえ、毎日置けてます笑

 

そして何より、このワイヤレス充電の恩恵がたった2,000円で受けられるというのは驚き以外の何物でもありません。

純正のワイヤレス充電ケースもいいですが、置くだけ充電のために9,000円も出せない僕にはとてもありがたい製品でした。

Rasaka
AirPods第3世代が出るまでの繋ぎとしても、まちがいなくオススメできる製品です!

 

以上「Neotrix AirPods置くだけ充電カバー」についてでした。

NeotrixQI AirPodsワイヤレスケース

アマゾンでチェック

-AirPods, アクセサリ, レビュー

Copyright© RasakaLog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.