iPhone

iPhone9は未登場? なぜ9がつくものは飛ばされるのか。

更新日:

こんなあなたに読んでほしい!

「iPhone 9ってなんで登場しないの?」

「Windowsの時もそうだっらけど、9って何か意味深じゃない?

 

こんにちは、Rasaka(@Rasaka_san)です!

2017年のApple Special Eventsで待望のiPhoneX(テン)が発表されました。

そのほかにもApple Watch Series3やApple TV 4K、iPhone8が登場しました。

 

しかしナンバリングが気になった方も多いのではないでしょうか。

iPhone8とiPhoneXが同時に出たなら、iPhone9はもう登場しないってこと?

そう考える人も少なくないでしょう。

 

そこで今回は、iPhone9の可能性について考察していきたいと思います。

この記事を読むと・・・

  • iPhone9がないそれっぽい理由がわかる笑

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

そもそもなぜ8とXなのか

まずは、なぜこんな妙なナンバリングで発売されたのか確認しましょう。

Apple Special Eventsでも述べられていましたが、iPhoneXはiPhone発売10周年を記念して作られたモデルです。

Rasaka
iPhoneはAppleが世界を変えたものの1つ、これを祝わないというわけにはいきませんよね!!

 

10周年記念の意味を込めて、X(テン)というナンバリングになったのでしょう。

Rasaka
ちなみにiPhoneX(エックス)ではありまテン!

 

ではなぜ、10ではなくX(テン)という表記にしたのでしょうか。

実はこれまでにAppleは、OS XやFinal Cut Pro Xなど様々なX(テン)がつく製品やOSを世に出しています。

原点回帰を意識した今回、馴染みあるXを採用したのは必然と言えるでしょう。

思い出されるWindows10

この8とXという、9をあえて飛ばしたかのようなナンバリング

あのWindows10を思い出さずにいられません。

Windows8があまりに不人気過ぎたことにより、次の世代のナンバリングを9にすると8の後継機だと思われて印象が悪い。そのため10にした。

というのはよく聞く話です。

 

WindowsはAppleとは異なり、マイナーアップデート版(Sシリーズ)のような機種は登場したことがありません。

そのため、今後もWindows9の姿を見ることはなさそうです。

9が持つ意味

今回、Windows同様、Appleも「9」を採用しませんでした。

Windowsとは異なり、Appleはネガティブな理由で9を採用しなかったというより、どうしても10周年を記念したくてXというナンバリングを採用したという感じです。

 

しかし、9がこれほど飛ばされると逆に不自然ではありませんか?

ナンバリングを意識するなら、8/8 Plus/Proというような感じでもいいではないしょうか?

WindowsとiPhone、双方に共通する数字の9には、何か特別な意味があるとは思いませんか。

Rasaka
はいここからネタ要素に入りまーす笑

エンジェルナンバーの9:周期の終わり

まずはエンジェルナンバーと言われる数字から見ていきましょう。

 

古来から数字には何ならかの意味があり、神の啓示の一種だと考える人も多かったようです。

そして天使が数字によって我々にそのご意志を示そうとしてくれているという考え方があるそうです。

ちょっと宗教チックですが、この考え方をエンジェルナンバーというらしいです。

 

そしてそのエンジェルナンバーの9には、こんな意味があるそうです。

 

周期の終わり。

 

周期の終わりとは何とも不吉。

これまでのiPhoneの流れ(周期)を止めてしまうと捉えられそうですね。

採用しなかった理由はこれなのかも。

 

Appleはこれまでにも文字や数字に多くの意味を含ませてきました。

 

iPhoneのSシリーズは、同じSでもSpeedやSiri、Securityなど別の単語の頭文字を意味しています。

  • iPhone 3GSは「Speed」
  • iPhone 4Sは「Siri」
  • iPhone 5sは「Security」(指紋センサ初搭載)
  • iPhone 6sは「Sensitivity」(3D Touch初搭載)
  • iPhone XSは「semis(半分)」(10と11の間である10.5を表す)

 

またiPhoneやiPadのパッケージの時間は毎回『9:41』です。

参考全Apple製品が広告写真で「9:41」を表示する理由 

 

これらにはAppleのちゃんとした願いや想いが込められています。

Appleがこのエンジェルナンバーを意識したと言っても不思議ではないですね。

数秘術の9:完成形

数秘術とは西洋占星術や易学等と並ぶ占術の一つです。

占う対象の生年月日(西暦)や姓名などから、固有の計算式に基づいて運勢傾向や先天的な宿命を占います。

その数秘術で9は、完成や手放しを意味するそう。

 

Special Eventsでも語られていましたが、今後10年語り継がれるiPhoneとしてXを紹介しています。

それなのに、完成ですって言ったら、10年後でもこんなもんかってなります。

Appleとしてはまだまだ改善できる余地はあるが、それでも10年は先導できるという思い入れがあるのでしょう。

まとめ

今回の内容、なんかとてもスピリチュアルなものになりましたね笑

WindowとiPhoneが同じ形式をとるとは珍しいことなので、裏の裏まで予想したくなります。

とはいうもののiOS9はリリースされていますので、9にそこまで深い意味はなく、本当に10周年記念というだけなのでしょう。

今後のアップルスペシャルイベント、今年も目が離せません!!

-iPhone

Copyright© RasakaLog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.